占星術は、通常「出生図(ネイタルチャート)」で占います。

しかし、それだけでなく、

  • トランジット法
  • プログレス法

…という「特殊な占い方法」もあります。

今回は、プログレスチャートの読み方を解説します。

「トランジット法」

トランジット法は、「実際の天体の運行」を元にして運命を読んで行く占星術です。

現在のリアルタイムな惑星の動きと出生図を照らし合わせながら占ってゆくわけです。

たとえば…

現在、リアルタイムの「土星」が出生図の「月」とコンジャンクションしている。

だから、〇〇な考え方をしやすくなるだろう。

…などと読んで行くのがトランジット法です。

「プログレス法」

プログレス法は、ある法則に基づいて、自分のホロスコープ上の星を進行させます。

その位置関係によって、運命の流れを読んで行く方法です。

…と言われても、初心者の方にはチンプンカンプンですよね(〃´o`)=3

悪魔っ子

まったくわからねえよ!( ̄□ ̄#)

魔女っ子

だいじょうぶです!

本日「プログレスの読み方」を、初心者にもわかりやすく解説します。

「プログレス法」(進行図)とは?

それでは、占星術の「プログレス法」をくわしく解説します。

出生図(ネイタル・チャート)について

まずは「出生図」について簡単に触れておきます。

ハウスシステム

その人が元々持っている力は「出生図」で占う

占星術は、まず「出生図」(ネイタル・チャート)を読むのが基本です。

出生図とは、出生年月日を元に作成したその人のベースとなるホロスコープです。

通常は、こちらを元に、その人が持っている「力」や「性格」や「才能」などを読んで行きます。  

魔女っ子

出生図の出し方はこちら!

出生図は、あくまで《素材》でしかない!?

出生図では、本人の性格や才能などがわかります。

しかし、

  • いつ何が起こるか?
  • いつ運勢が上昇するか?

…などの「未来予測」はできません。

出生図は、あくまでその人が持っている素材を知るものでしかなく、時間や時期を測るものではないからです。

では、運命を「未来予測」するにはどうすれば良いのでしょうか?

…そこで、「プログレスチャート(進行図)」を使うわけです。

未来予測には「プログレスチャート(進行図)」が必要!

西洋占星術では、未来予測をするために「プログレスチャート(進行図)」を用います。

進行図とは、その人の運命がどう展開して行くか?を観るためのホロスコープです。

宿命的な運命を表す「出生図」に加えて、時間的な運命の流れを表す「進行図」を見る…

これによって、これから起こる未来を予測することが可能になるのです。

魔女っ子

未来予測には「進行図」が必要なのです!

「プログレス・チャート(進行図)」とは何か?

それでは「進行図とは何か?」を解説してゆきます。

進行図は「体内時計」!?

松村潔先生は「進行図は体内時計」とおっしゃってます。

進行図は、その人の運命の時間的な流れを表します。

とは言っても、それは、万人に共通して起こる世界情勢的な変化ではありません。

あくまで本人の中で起こる個人的な変化なのです。

  • だんだんと興味の対象が変わって来る
  • 目指す方向性が変化して来る
  • 立ち位置が変わって来る

…生きていると、このように、自分の内面が変化して来ますよね?

その変化を表す体内時計…それが「進行図」なのです!

進行図で一番ポピュラーなのは「1日1年法」!

進行図には色々な種類がありますが、一番ポピュラーなものは「1日1年法」です。

これは、

その人の「1年後」の運勢は、その人が生まれて「1日目」の星配置を見ればわかる

…と言う発想に基づいています。

数年後の人生を、1日単位のホロスコープに置き換えて占う

初心者の方は「何のこっちゃ?」と思うかもしれませんね(〃´o`)=3 

わかりやすく言うと、たとえば、

  • 30才の運勢は、生まれてから30日後の進行図
  • 50才の運勢は、生まれてから50日後の進行図

…に示されることになります。

ですので、30才の運勢を調べたいなら、生まれてから「30日後」の進行図を作る必要があります。

進行図(プログレス法)とは、

数年後の人生を「1日単位のホロスコープ」に置き換えて占う方法

…なのです。

いわば、運命の縮図みたいなものを作るわけです。

悪魔っ子

とにかく「進行図」とやらを作ってみればいいんだな?

魔女っ子

進行図の出し方はこちら!

プログレスチャートでは「動きの遅い惑星」は使わない!?

プログレスチャート(進行図)では、たいてい、月、水星、金星、太陽、火星の5天体を使用します。

土星、天王星、海王星、冥王星は、動きが遅いので使いません。

たとえば、冥王星は、250日でようやく1度ほどしか動きません。

60才の運勢を調べるために、出生から60日後の進行図を出したとします。

しかし、冥王星は動きが遅いので、出生時の位置とまったく変わっていません。

ですので、未来の意味が読み取れません。

そういうわけで、プログレスでは「動きの遅い惑星」は使わないのです。

プログレスチャートで特に重要なのは「月」と「太陽」!

プログレスチャート(進行図)で特に重要なのは「月」と「太陽」です。

  • 太陽はその人の目標の変化
  • 月はその人の具体的な状況の変化

…を表します。

これらの動きを、出生図のサインやハウスと照らし合わせ、「未来の状況」を読んで行きます。

shinkouzu

プログレスチャートの「月」の動きによる《具体的な状況の変化》

プログレスチャート(進行図)の「月」が、出生図のどのハウスに来たかで、その人の具体的な状況の変化がわかります。

以下の表をご参照ください。

「進行の月」が入っているハウス  具体的な状況の変化。
 1ハウス  新規の計画の始まり。
 2ハウス  概念に留まっていた計画を現実化・物質化して行く作業。
 3ハウス  具体的に発展させるための技術や知識の習得。
 4ハウス  仲間ができる。基盤ができる。
 5ハウス  個性化・独創化の模索。
 6ハウス  仕事への集中。努力、訓練。
 7ハウス  チャンス!デビュー!
 8ハウス  集団活動で力を蓄える。
 9ハウス  集団活動で培った力を踏まえた上で、個人の力を解放する。
 10ハウス  今までの仕事の頂点化。成果が認められる。
 11ハウス  ネットワーク化・支局化。弟子の育成など。
 12ハウス  今までの活動を分解し、そのエッセンスだけを抜き取り、新しい活動への模索を始める。

(松村潔先生の「完全マスター西洋占星術」を参考にしています)

…以上の表は、進行の月を、出生図のハウスに当てはめ、「その人の状況がどう変化するか?」を示したものです。

魔女っ子

進行の月に関しては、以下をご覧ください。

プログレスチャートの「太陽」の動きによる《目標の変化》

プログレスチャート(進行図)の「太陽」は、1日に1度しか進みません。

ですので、あまり動きません。

しかし、非常に重要です。

なぜなら進行図の「太陽」は、その人の目標の変化を表しているからです。

進行の太陽と「ハウス」の関係

たとえば、進行図20日目の人の太陽が「8室」に入っているとします。

20日目ということは、20才の時の状況を表します。

この人は、20才の時、

会社や組織に属し、集団の中で自らを鍛える

…という目標を持っているわけです。

そして、進行図50日目の時に、太陽が「9室」に入るとします。

すると、 50才を境に、今度は、

「思想・哲学・宗教」など、壮大な精神性を極める

…という目標を持つことになるのです。

進行の太陽と「星座(サイン)」の関係

進行の太陽の「サイン」も大事です。

魚座だった太陽が、牡羊座に入ったとします。

すると「今までの経験を集大成としてまとめる人生(魚座)」から、「まったく新しいことにチャレンジして行く人生(牡羊座)」に、目標が変化したことになります。

プログレスチャートの太陽は、サイン・ハウス・アスペクトを見ながら読んでゆく

このように、プログレスチャート(進行図)では、太陽のハウスやサインによって、

その人の目標にどのような変化が現れてくるか?

…がわかります。

また、「進行図の太陽」と「出生図の惑星」のアスペクトも重要になります。

進行図は、サイン・ハウス・アスペクトを見ながら読んでゆく必要があります。

魔女っ子

くわしくは、以下をご覧ください。




まとめ

今回は、占星術の「プログレスチャート(進行図)」の読み方を解説しました。

…いかがだったでしょうか?

「プログレス法」って、初心者にはなかなかわかりにくいです。

ですが、使いこなせると、未来の状況がわかるので、とても便利ですよ。

くわしくは、松村先生の「完全マスター西洋占星術」を参考にしてみてくださいね。