占星術のアスペクトには「ヨッド(Yod)」というものがあります。

ヨッドは、多くの人のホロスコープに見受けられる配置です。

しかも、「運命への影響」も大きいものです。

今回は、占星術のアスペクト「ヨッド」を解説します。

「アスペクトって何?」という方は、以下をご覧ください。

占星術のアスペクト「ヨッド(Yod)」とは?

占星術のアスペクトの一つである「ヨッド」とは、どういう配置なのでしょうか?

通常、アスペクトは「2つの星」が作る角度です。

たとえば、以下は、スクエア(90度)というアスペクトです。

ヨッドは「2等辺三角形」

しかし、ヨッドは、「3つの星」でアスペクトを形成しています。

  • 60度(セクスタイル)を形成する星2つ
  • その反対側の星一つ

・・・この3つの星が作る「2等辺三角形」がヨッドです。

たとえば、上図を見てください。

海王星と冥王星のセクスタイル(60度)、そして、反対側に木星があります。

  1. 海王星と冥王星が60度
  2. 海王星と木星が150度
  3. 冥王星と木が150度

・・・という「複合アスペクト」になっています。

このような配置がヨッドです。

ホロスコープの「ヨッド」の意味

では、「ヨッドの意味」はどうなるのでしょうか?

目的のために拘束され働かされる

まず、150度(インコンジャンクト)の意味を考えてみましょう。

150度は

  • 訓練
  • 調教
  • 練習
  • 修行

…などを表します。

つまり、自然体で持ってないものを、訓練して身につけてゆくということです。

上図で言えば、木星は、海王星と冥王星の両方から「訓練されている」ことになります。

つまり、木星は、海王星と冥王星の共同目的によって、拘束され、働かされるということになるのです。

魔女っ子

この場合、「スピリチュアルなこと」(海王星と冥王星の共同目的)に向かって、手を広げてゆかざるを得ない(木星)・・・

そんな感じになります。

このように、ヨッドとは、

セクスタイルを作っている星の目的によって、反対側の星が拘束され働かされる

・・・という意味のアスペクトになります。

お客様

ただし、三角形の頂点の星が「速度の遅い星」であれば、逆に、底辺の2つの星が拘束されてゆくことにもなります。

ヨッドの実例

完全マスター西洋占星術」を参照に、ヨッドの実例を挙げてみます。

1.海王星と冥王星のセクスタイル、その頂点に水星のヨッド

松村先生は、このヨッドについて

  1. 水星の示す知性は、一般的な方向で才能を伸ばすチャンスを失う。
  2. 霊的な開発や、精神世界的な目的においてのみ行動を許される水星は、結果的に「瞑想」や「ヨガ」や「トランスパーソナル哲学」などの方面での才能を伸ばすことになる。
  3. 考えることすべてが「精神的な発展」というカラーに染められてしまう。
  4. 探求する世界は狭いが、能力のある人ができあがる。
  5. 身近な例では、スピリチュアル系の翻訳の仕事をしている人がいる。

・・・とおっしゃってます。

2.金星と月のセクスタイルに水星のヨッド

松村先生は、このヨッドについて

  1. 社交のための「ソフトな会話」(金星と月)を訓練されることになり、それ以外の可能性は封じられる。
  2. 人に気を使う「柔らかい会話能力」や「作法」をしつけられる。

・・・とおっしゃってます。

お客様

このような感じで解釈してゆくと、ヨッドの意味がわかりやすいですね。

魔女っ子

ちなみに、「可能性を封じられる」のは、アスペクトがヨッドだけしかない場合です。

ほかにアスペクトがあれば、話は違ってきます。

まとめ

今回は、占星術のアスペクト「ヨッド」について解説しました。

ヨッドは、基本的に

セクスタイルを作っている星の目的によって、反対側の星が拘束され働かされる

…と考えれば良さそうです。

私たちのほとんどは、「海王星と冥王星のセクスタイル」を持っています。

そこに、ヨッドができているかどうか?…調べてみると良いと思います(*^^*)

魔女っ子

今回の記事は、「完全マスター西洋占星術」を参考にしています。