西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「土星と冥王星のアスペクト」を解説してゆきます。

土星と冥王星のアスペクトの意味

土星は、

  • 安定
  • 常識
  • 現実力

…などを表しています。

では、「土星と冥王星のアスペクト」はどんな意味になるのでしょうか?

「常識や限界の突破」「忍耐力・持久力」

土星は「安定・常識」、冥王星は「強制力・全面的な改定」です。

そのため、このアスペクトは、「常識や限界の突破」を表わすと言って良いでしょう。

また、土星は「現実力」、冥王星は「根源的修復力」です。

ですので、このアスペクトは「忍耐力・持久力」も表すことになります。

土星と冥王星のアスペクトの「基本性質」

土星と冥王星のアスペクトの「基本性質」として、以下を押さえておきましょう。

  • 冥王星という「深層の強烈無比な力」が、土星という「常識」にターゲットを絞った状態。
  • 正攻法で正面から、土星の常識や記録を打ち破ろうとする。
  • スポーツでの肉体の限界や記録、科学的な定説、業界における限界・・・あらゆる制限・限界に対して、すさまじい努力でそれを塗り替えようとする。

(「ハーモニック占星術」松村潔著)

松村先生は、

  • 忍耐力もあり、きわめてタフ。
  • だが、何か乗り越えるべきターゲットを欲しがるので、適当にのんびりした仕事をしていると、次第に元気が失せてくる。
  • 無理な状況や苦しい段階であるほど燃えるし、活力も出てくる。
  • 窮地に立たされないとスイッチが入らないタイプ。

・・・とおっしゃってます。

土星と冥王星の各アスペクト

では、土星と冥王星のメジャー・アスペクトを解説します。

コンジャンクション(合)

土星の「常識」を、打ち破ることに焦点がある人でしょう。

もちろん、「定説」や「既存の制度」と戦わなくてはならないので、困難が増します。

松村先生は

  • 1980年代生まれの人の中に、「土星と冥王星の合」が天秤座にある人は多数いる。
  • これは、天秤座という「対人関係」の場で、重苦しいプレッシャーを味わい、その分、そこで限界を超えようとする努力や試みをしてゆくことになる。

・・・とおっしゃってます。

セクスタイル(60度)

土星と冥王星がセクスタイルの人…

セクスタイルは、お互いがうまく反応することができます。

このアスペクトの人は、普段の自分に重い負担をかけてゆくことで、「忍耐力」や「持久力」が培われます。

松村先生は

  • どんどん負荷をかけることで、かえって(自分を)助けてゆく。
  • このアスペクトを伴う土星があるサインやハウスでは、根強い力を発揮する。

・・・とおっしゃってます。

スクエア(90度)

土星と冥王星がスクエアの人…

90度は方向転換です。

しかも、土星と冥王星という「重い惑星」が作用するので、とてもハードな影響があります。

以下、松村先生の解説をまとめます。

1.冥王星のパワーが偏る

冥王星のパワーを、土星が制限して偏ったものにしがち。

あまり寛容ではなく、「自分が、不当な境遇に押しやられているのでは?」と感じることがある。

「反社会的な衝動」として出ることもある。

2.抵抗する土星を強制的に変化させる

なかなか動かず安定している土星が変化する。

これは相当なこと。

長期間続く大企業が「組織全体」を作り替えるようなもの。

たとえば、「蟹座の土星」に「天秤座の冥王星」がスクエアになると、 天秤座(他人)の関わりによって、蟹座(家族のあり方)が大きく変わる。

魔女っ子

ただし、月や太陽などの「個人天体」が関与していない場合は、本人の実感がないこともあるようです。

トライン(120度)

トラインはスムーズ、安定的に働きます。

現状を維持する力である「土星」がどんなに傷つけられようとも、冥王星が修復します。

ですので、とても力強い安定感があるアスペクトと言えます。

魔女っ子

忍耐力があって、打たれ強いようです。

松村先生は、

  • 細かい運の浮き沈みに影響を受けない。
  • 強力な防衛力になる。
  • ただし、細かいことに反応できない「鈍い人」に思われることもある。

・・・とおっしゃってます。

オポジション(180度)

松村先生は、以下のように述べています。

  • 90度は、想定外の横から影響が入ってくる。
  • それに比べ、180度は、正面から向かう形で発揮される。
  • つまり、180度は目標に向かうことであり、はっきりとそこに飛び込む。

そういうわけで、土星と冥王星の働きは、外へ向かって過剰に発揮されます。

土星という常識を、常に突破しようとするので「限界に挑戦する」人になりそうです。

乗り越えるべき目標があれば、人並みはずれた努力をする人でしょう。

また、土星と冥王星の180度は、

  • 狭量さがほかの人から見ると怖い雰囲気を感じさせる。
  • この人にとって、成功の道は狭く細いもので、さまざまな成功の仕方やのんびりした幸福があることがなかなか理解できない。
  • 多くの困難が生じても、しまいにはプレッシャーや障害に慣れっこになってしまい、深刻な中でも意思力を発揮することができるようになる。

(「完全マスター西洋占星術」より)

・・・ということもあるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

土星と冥王星…

たとえハードな状況でも、それを克服してゆける人が多そうですね(///ω///)♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。