先日、松村潔先生の「アスペクト解釈大事典」を購入しました。

945ページのぶ厚い事典です。

そして定価は、なんと1万円です。

「アスペクト解釈大事典」レビュー

えっ?高い?

…仕方ありません。

占星術のアスペクトの良書って、なかなかないんです。

ところが、「アスペクト解釈大事典」の著者は、あの松村潔先生です。

プロの占星術師を目指す私にとって、これを買わないわけにゆきません。

「アスペクト解釈大事典」とは?

「アスペクト解釈大事典」は、占星術のアスペクトに関する総合解説書です。

月~冥王星までの10天体…全てのアスペクトが載っています。

しかも、72度や150度などのマイナー・アスペクトまで完全網羅!

その「各アスペクトの意味」が、とても深い視点で解説されています。

「アスペクト解釈大事典」の特長

では、アスペクト解釈大事典の「特長」や「オススメ所」などをレビューしますね。

「なぜそうなるのか?」がわかる!

「アスペクト解釈大事典」は、単にこのアスペクトはこうなるという、事例を書いたものではありません。

「なぜそのような性質になるのか?」という部分を、深いところから教えてくれるものです。

根本的なところからの解説

たとえば、太陽と土星の90度の解説を見ると…

一般の占星術書は

  • 苦労の多い人生をもたらす。
  • 不当な扱いを受ける。
  • 運が悪い。

…などと書いて終わることが多くないですか?

しかし、「アスペクト解釈大事典」では、

  • 太陽は常に新しい可能性を考える。
  • しかし、土星は先の見えないものを否定し、さらに先に進むことを禁止する。
  • このアスペクトだと、太陽は土星に阻まれる。
  • なので、このアスペクトは「ストレスや怒り」を感じる。
  • 同時に、「反抗心」や「チャレンジ精神」を強めていく。

…などと言うように、根本的なところから詳しく解説してくれているのです。

ですので、ものすごく理解が深まります。

魔女っ子

この解説で、「太陽と土星が90度のアスペクトの人が、なぜストレスが溜まりやすいのか?」

…その理由がわかりますよね?

全てのマイナー・アスペクトを網羅

「アスペクト解釈大事典」では

  • 72度や150度などのマイナー・アスペクト
  • ノー・アスペクト

…など、しっかりと解説されています。

「太陽と冥王星150度」の解説もバッチリ!

私は、太陽と冥王星の150度を持っているんです。

でも、くわしい解説をしてくれる本がなくて、とほうにくれてました。

しかし、「アスペクト解釈大事典」では、2ページに渡りバッチリ解説されていました。

魔女っ子

その結果、「あ~こういうことだったのね!」と、すごく納得できたのでした。

どんなアスペクトも「ポジティブ」だとわかる!

松村先生は、本書の冒頭で、以下のようにおっしゃっています。

  • 古い時代には、良いアスペクトと悪いアスペクトがあり、そして良い惑星と悪い惑星がありました。
  • しかし、このように明暗を作り出すと、全惑星意識に到達できません。
  • ですので、本書では、アスペクトの意義については、「それぞれ個性が違うが、すべての人にとって必要なものだ」という書き方をしています。

つまり、人は、アスペクトの良し悪しに囚われるのではなく、「全惑星意識=もっと大きな視点」に立たなくてはならない…というわけですね。

「アスペクト解釈大事典」では、どんなアスペクトにも良い点が書かれています。

ですので、従来マイナスと捉えられていたアスペクトでも、とてもポジティブに考えることができます。

魔女っ子

なんか「希望」が持てますね。

中級者以上向けです

ちなみに「アスペクト解釈大事典」は、中級者以上向けです。

アスペクトをおおよそ理解している人が、さらにもっと理解を深めたい場合に、とても重宝する本です。

お客様

初心者の方は、まず「完全マスター西洋占星術」で、基礎を勉強しましょう。

まとめ

今回は、松村潔先生の「アスペクト解釈大事典」をレビューしました(^◇^)

  • 占星術のアスペクトをしっかり学びたい
  • アスペクトをホロスコープ・リーディングに役立てたい

…そんな方に、この本はとても重宝します!

ぜひ、一読してみてくださいね。

魔女っ子

占星術の占い師さんの「虎の巻」としても、とても役立つと思います。