以前「プログレス法(進行法)とは?」で、進行図の月について説明しました。

今回は、

プログレスの「月」で、現在・未来をどう読めばよいか?

…を具体的に解説したいと思います。

プログレス(進行図)では「月のハウス」が重要

プログレス(進行図)では、「月のハウス」が非常に重要です。

プログレスの月が入っているハウスは、あなたの状況を示すことになるからです。

月のハウスを見ることで、現在や未来が見えてくる

プログレス法でよく使われるのは「月のハウスで、現在と未来を占う方法」です。

ハウスは「環境」や「状況」を表します。

つまり、進行図の月のハウスを見ることによって、

あなたが

  • 今どんな状況にあるのか?
  • これからどんな風に運命が展開してゆくのか?

…などが見えてくるのです。

「1ハウス」~「12ハウス」までの流れを理解しよう!

プログレス法では「月がどのハウスに入るのか?」で、今後の行方を占ってゆきます。

そのためには、まず「1ハウスから12ハウスまでの流れ」を理解することが大切です。

1つのサイクルは、計画の「栄枯盛衰」を表す

最初の1ハウスは「新たな計画のスタート」。

最後の12ハウスは「その計画の終焉」となります。

つまり、1ハウスから12ハウスまでの「1サイクル(流れ)」は、1つの計画の栄枯盛衰を表すのです。

1つのサイクルの期間はどれくらい?

では、プログレスの月は、どれくらいの早さで12ハウスを移動してゆくのでしょうか?

1つのハウスを約2年半で移動する

プログレス(進行図)の月は、1~12ハウスを約28年間かけて移動します。

1つのハウスには「約2年半」滞在しています。

つまり、約2年半は、1つのハウスのテーマが続くということになります。




月が滞在するハウスによる「テーマ」や「状況」

では、それぞれのハウスには、どのようなテーマがあるのでしょうか?

進行の月が滞在するハウスによって、その人が

  • どんな状況にあるのか?
  • テーマは何か?

…がわかります。

以下の表をご参照ください。

「進行の月」のハウス 具体的な状況の変化。
1ハウス 新規の計画の始まり。
2ハウス 概念に留まっていた計画を現実化・物質化して行く作業。
3ハウス 具体的に発展させるための技術や知識の習得。
4ハウス 仲間ができる。基盤ができる。
5ハウス 個性化・独創化の模索。
6ハウス 仕事への集中。努力、訓練。
7ハウス チャンス・デビュー!
8ハウス 集団活動で力を蓄える。
9ハウス 集団で得た力を応用する。個人の自由な力の解放。
10ハウス 今までの仕事の頂点化。成果が認められる。
11ハウス ネットワーク化・支局化。弟子の育成など。
12ハウス 今までの活動を分解し、そのエッセンスだけを抜き取り、新しい活動への模索を始める。
魔女っ子

進行図の出し方がわからない方はこちら!

プログレスの月!ハウスの読み方

それでは、プログレスの月の「ハウスの読み方」を解説します。

進行の月は、1ハウスから12ハウスへ移動してゆきます。

その際の「状況の移り変わり」を読み取ってくださいね。

■1ハウス~3ハウス「新しい計画の準備期間」

1ハウス⇒2ハウスへ

1ハウスで、あなたの新しい計画(生き方)はスタートを切りました。

それは漠然とした目標でしたが、2ハウスでは、それを実体化させるために着々と準備を始めます。

  • 自分にはどんな才能があるのか?
  • 自分は何をすべきなのか?
  • 自分は何をできるのか?

…などを探り、材料を集め始めます。

2ハウス⇒3ハウスへ

自分の才能を自覚したら、目標を具体的に発展させるための

  • 技術
  • 知識
  • ノウハウ

…などを習得してゆきます。

3ハウス⇒4ハウスへ

今までは、ある意味、たった一人で目標に向かって進んで来ました。

しかし、第4ハウスに入ると「心の拠り所」ができ始めます。

自分のやっている事が他人から理解されるようになったり、仲間が出来たりして、自分の居場所が見つかるようになります。

■4ハウス~6ハウス「デビュー前の修行期間」

4ハウス⇒5ハウスへ

仲間や居場所ができたら、次は、自分の計画に「応用力」をつけてゆきます。

あなたの計画は、

  • 個性が開花し
  • バラエティー豊かになり

…より一層、魅力あるものに発展してゆくことでしょう。

5ハウス⇒6ハウスへ

社会へのデビューが近くなっています。

今まで、個性を伸ばし、力をつけてきたあなた…。

ここからは「社会デビュー」するための訓練期間となります。

「地道な努力」「忍耐」が求められるでしょう。

6ハウス⇒7ハウスへ

訓練期間が終わり、ようやく社会デビューです。

さまざまな出会いチャンスがやってきます。

いよいよ、目的をブレイクさせることができるでしょう。

■7ハウス~9ハウス「社会的デビューと発展」

7ハウス⇒8ハウスへ

7ハウスではデビューを果たしました。

8ハウスでは「集団の中」で力を蓄えます。

組織の中に閉じ込められて、活動をすることもあるでしょう。

「組織」の中で力を蓄え、さらにパワーアップしてゆきます。

8ハウス⇒9ハウスへ

8ハウスの中で培った「集団のパワー」を伴ったまま、9ハウスでは、自由な活動に移行します。

更なる向上やスキルアップをしてゆきます。

9ハウス⇒10ハウスへ

10ハウスが活動のピークです。

仕事の成果などが頂点となります。

ただし、否が応にも競争社会の中に組み込まれることになります。

ですので、仕事の中に生活が埋没してしまう可能性もあります。

■10ハウス~12ハウス「活動がピークを迎えた後、それが解体される」

10ハウス⇒11ハウスへ

10ハウスでの活動のピークが過ぎてゆきます。

11ハウスでは、現状に限界を感じ、飽きてくることもあるでしょう。

自分で仕事をやるより、弟子の育成など「ネットワーク作り」「グループ作り」の方向に力をさいたりするようになります。

11ハウス⇒12ハウスへ

12ハウスに入ると、今までの仕事の形を崩壊させてゆくサイクルに入ります。

とは言え、ムダにするわけではありません。

今までやってきたことから、必要なエッセンスを抜き出し、それを元に、また新しい方向性を模索するようになります。

人によっては「燃え尽き症候群」になることもあるでしょう。

12ハウス⇒1ハウスへ

今までのスタイルが終了し、また、新しい計画が始まります。




まとめ

今回は、プログレスの月の「ハウスの読み方」を解説しました。

占星術で鑑定をする際、

  • これからどんな状況になる?
  • 今の状況はいつまで続く?

…などの質問を受けることが多いと思います。

そんな時に、プログレス(進行法)で月を読んでみると良いでしょう。

プログレス法の基本は「完全マスター西洋占星術」がおすすめ!

こちらの記事は、松村潔先生の「完全マスター西洋占星術」を参考に書かせていただいています。

プログレス法(進行法)の基礎を学びたい方は、まずは「完全マスター西洋占星術」を読破すると良いと思います。

魔女っ子

「完全マスター西洋占星術」は、プログレス法の基本的な考え方がとてもわかりやすく述べられています。

占う際に活用しやすいので、オススメします。