占星術では、「星の角度(アスペクト)」を重視しています。

きゃりーぱみゅぱみゅも、

同じ空がどう見えるかは、心の角度次第

…って、歌ってます。(古いかな)

人の運命って、星の角度でまったく違ってしまうんです!

占星術のアスペクトとは何か?

占星術では「星がどんな角度を取っているのか?」が重要です。

星どうしの角度のことをアスペクトと言います。

お客様

今回は「アスペクトの基本」を解説します。

アスペクトって、どこの角度?

では、アスペクトは「どこの角度」のことを指しているのでしょうか?

…それは、2つの惑星と中心点を結んだ角度です。

たとえば、上の図では、太陽と月の角度が90度になっているのがわかりますね?

…これを「太陽と月のアスペクトが90度」と言います。

アスペクトとは、このように、星どうしが作る内角なのです。

アスペクトは、何を表している?

では、アスペクトは、何を表しているのでしょうか?

以下の説明がわかりやすいので、お読みください。

惑星どうしが特定の角度をとったとき、ある種の関係性が生まれるという考えが、座相(アスペクト)です。

たとえていうなら、会議室やレストランで座る席の位置関係によって、緊張が生まれたり、同属意識が生まれることに似ています。

真向かいに座った相手には、緊張感と対抗意識が生まれ、斜めあたりの関係が友好的で、隣に座った相手とは同意するムードが生まれる…

このような原理が惑星どうしにも発生すると考えてください。

基本の「き」目からウロコの西洋占星術入門」(いけだ笑み著)より

…いかがでしょう。実にわかりやすいですよね?

アスペクトとは、星どうしの「位置関係」です。

位置関係ができれば、お互いの間にアクションが生まれます。

それは、スムーズで協力的だったり、あるいは、行く手をはばむ動きだったりするわけです。

占星術のアスペクトの種類

占星術のアスペクトには…

  • 0度(コンジャンクション)
  • 60度(セクスタイル)
  • 90度(スクエア)
  • 120度(トライン)
  • 150度(インコンジャンクト)
  • 180度(オポジション)

…などの種類があります。

この角度が「私たちの運命をどう動かすか?」をコントロールしているわけです。

悪魔っ子

120度はスムーズ、90度はジャマが入る…とかだな?

魔女っ子

アスペクトの種類について、くわしい解説はこちらをご覧ください。

アスペクトを調べるには?

では、自分のアスペクトを調べるには、どうしたら良いでしょうか?

それには、まず「ホロスコープ」を作成することが必要です。

以下で、ホロスコープを作って、アスペクトを確認することができますよ。

惑星のアスペクト「それぞれの意味」

自分のアスペクトがわかったら、その意味も知りたいですよね?

  • 金星と土星のアスペクト90度
  • 月と海王星の120度

…など。

それぞれの惑星が作る「アスペクトの意味」は、以下をご覧ください。