西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「金星と天王星のアスペクト」を解説してゆきます。

金星と天王星のアスペクトの意味

金星は、

  • 楽しみの発見
  • 情感や官能
  • 感受性(どんなものをイイと感じるか)
  • 女性的なもの

…などを表しています。

では、金星と天王星のアスペクトはどんな意味になるのでしょうか?

個性的な愛情・楽しみ

金星は「楽しみ・情感・官能」、天王星は「普遍性」「独自性」「超越性」などを表します。

そのため、このアスペクトは、

「個性的な愛情・楽しみ」を表わすと言って良いでしょう。

金星と天王星の各アスペクト

では、金星と天王星のメジャー・アスペクトを解説します。

コンジャンクション(合)

金星と天王星がコンジャンクションの人…

基本的に普通の恋愛には満足できないかもしれません。

松村先生は

  • いつでも新しい
  • 愛情問題でも平凡な帰結を嫌う
  • 平凡な家庭ではストレスがたまる

・・・と、おっしゃってます。

魔女っ子

ですが、芸術的・美術的センスとしては「独特の未来的なもの」になり、

多くの人にアピールできるようです。

セクスタイル(60度)

金星と天王星がセクスタイルの人…

セクスタイルは、違った要素をうまく取り入れることができます。

ですので、適度に「新しいセンス」を発揮できるようです。

松村先生は

  • 人の意見を素直に聞くことができる。
  • 誰にでも親しみやすさを発揮する
  • 対人関係には有利に働く

・・・とおっしゃってます。

スクエア(90度)

金星と天王星がスクエアの人は、 感性に「異質なもの」が働きます。

ですので、優れたセンスを生み出すようです。

風変わり、変人的とも言えるが、普遍的な視点からみると正しい・・・ そういうセンスのようです。

松村先生によると、 「金星なので、言動として表れるわけではなく、美意識、服装、芸術、趣味などに、それが表れる」ようです。

トライン(120度)

トラインは、スムーズ、無難に働きます。

金星と天王星がトラインの人は、基本的に、楽しみや趣味においては偏らず、広い範囲で活躍できそうです。

また、対人関係においては、誰に対しても「オープン」で、かつ「深入りしない」ものになるようです。

オポジション(180度)

金星と天王星がオポジションの人・・・

180度は、お互いをターゲットにして飛び込みます。

趣味や楽しみを表す金星に、超越性の天王星が飛び込んできますので、趣味や楽しみが「独特のもの」になりやすいでしょう。

魔女っ子

ファッションや恋愛がエキセントリックなものになるかもしれません。

松村先生は

  • 天王星は突破。ということは、できる限り、世間から受け入れられないものを好む。
  • そして、金星は人生を壊すほどのものではなく、装飾的領域において、ギョッとする姿をすること。

・・・とおっしゃってます。

魔女っ子

山口百恵さんが、このアスペクトを持ってますね。

「水瓶座」の金星に天王星がオポジションですから、とてもエキセントリックな魅力を放っていたことがわかります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

金星と天王星のアスペクトの人…

独自性のある人が多そうですね(///ω///)♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。