西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「金星と冥王星のアスペクト」を解説してゆきます。

金星と冥王星のアスペクトの意味

金星は、

  • 楽しみの発見
  • 情感や官能
  • 感受性(どんなものをイイと感じるか)
  • 女性的なもの

…などを表しています。

では、金星と冥王星のアスペクトはどんな意味になるのでしょうか?

深刻、普通ではない愛情・楽しみ

金星は

  • 楽しみ
  • 情感
  • 官能

冥王星は

  • 太陽系外から来る意思
  • 限界を超えたもの
  • 普通ではないパワー

…などを表します。

そのため、このアスペクトは、

「深刻、普通ではない愛情・楽しみ」を表わすと言って良いでしょう。

金星と冥王星の各アスペクト

では、金星と冥王星のメジャー・アスペクトを解説します。

コンジャンクション(合)

金星と冥王星がコンジャンクションの人…

「限界を超えたもの」が楽しいので、普通のことやありきたりのことには、あまり反応しないようです。

趣味や楽しみが、とても濃いものになりそうです。

魔女っ子

恋愛もディープなものになりそうですね。

松村先生は

恋愛では衝動が強すぎて、ほどほどのつきあいをするのは、かなり困難

・・・と、おっしゃってます。

セクスタイル(60度)

金星と冥王星がセクスタイルの人…

セクスタイルは、違った要素をうまく取り入れることができます。

ですが、120度と違って、若干振り回されることになるようです。

金星が意味する「感性」は、普通のことや細かいことには反応しづらくなり、日常を超えたディープなことに反応するようになります。

魔女っ子

マニアック楽しみ、個性的な趣味などを持つと良さそうですね。

スクエア(90度)

金星と冥王星がスクエアの人は、 普通ではない「ディープな力」から、横やりが入ります。

ですので、限界を超えるようなこと、極端なことに強く惹きつけられることになるかもしれません。

悪魔っ子

人間のささやかな楽しみがまったく理解できない

・・・なんてこともありそうだな。

松村先生は、

冥王星と金星の90度は人格クラッシュするようなもの

・・・とおっしゃってます。

魔女っ子

ですが、決して悪いわけではありません。

普通ではない「貴重なもの」を受け取ることができると考えましょう。

トライン(120度)

トラインは、自己完結的、安定的に働きます。

金星と冥王星がトラインの人は、個人の趣味や楽しみを通して、深いパワーを得ることができるでしょう。

とことん趣味に没入することで、エネルギーをチャージされるようです。

また、このアスペクトは「完全な回復力」を表します。

松村先生は、

金星が私的な愛情だとすると、そこで傷ついた体験をしても、それは根底から癒される

・・・とおっしゃってます。

魔女っ子

ちなみに、「セクシャルな魅力」を持つ人も多いようです。

オポジション(180度)

松村先生によると、

  • 90度は、想定外の横から影響が入ってくる。
  • それに比べ、180度は、正面から向かう形で発揮される。
  • つまり、180度は目標に向かうことであり、はっきりとそこに飛び込む。

・・・ということです。

そういうわけで、金星と冥王星がオポジションの人は、日常の感性を捨てて「極端な異様なもの」へ入り込むことが多いようです。

悪魔っ子

そうじゃないと、楽しくないんだとさ。

とはいえ、金星はあくまで「楽しみ」ですから、人生が異様になるわけではなく、読む本や趣味などがマニアックなものになりそうです。

魔女っ子

恋愛も、なにか「極端なもの」や「性愛的なもの」になるかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

金星と冥王星のアスペクトの人…

趣味や恋愛が「濃い」ものになりそうですね(///ω///)♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。