このコーナでは、「進行図」(プログレス・チャート)の出し方を解説します。

進行図とは、その人の運命の【時間的な流れ】を示すホロスコープです。

  • 興味の対象が変わって来たリ
  • 目指す方向性が変化して来たり
  • 立ち位置が変わって来たり

…自分の内面って、時間の経過と共に変化しますよね?

その変化を予測するバロメーター!

…それが「進行図」です。

魔女っ子

「進行図」自体の意味が良くわからない方はこちら!

「進行図」(プログレス・チャート)を作る方法

今回は「Astrodienst」を使って、「進行図」(2重円)を作る方法を解説します。

horosuko-pu2

画像引用:ASTRO DIENST

「進行図」(プログレス・チャート)を作るのに必要なデーター

正確な「進行図」を作るには、

  • 生年月日
  • 出生時間
  • 出生場所

…が必要になります。

進行図はハウスが重要になってきますので、「出生時間」は必須です。

魔女っ子

出生時間がわからない人は、母子手帳で調べるとわかりますよ。

Astrodienstで「進行図」(プログレス・チャート)を作る

それでは、実際に「進行図」を作ってみましょう。

まず「Astrodienst」にアクセスします(無料)。

「Astrodienst」最初の画面

もし、言語が「英語」になっていたら、右上にある言語バーで「日本」を選択してください。

日本語表記に変わります。

hori.astro

「出生データによる、さらなるチャート選択」

次に、「Astrodienstの無料ホロスコープ」と書かれている中から、「出生データによる、さらなるチャート選択」をクリックします。

すると、「www.astro.comにようこそ!」という画面があらわれます。

「ここをクリックしてデーター入力ページに進んで下さい」と書かれているリンクをクリックしてくださいね。

…すると「入力ページ」に進みます。

生年月日と出生時刻の入力

「出生データーの入力画面」で、出生データーを記入してゆきます。

Astrodienst1

名前

自分の名前を記入します。(ニックネームでもOKです。)

記入してもしなくてもOKです。

性別

女性か男性かにチェックしてください。

誕生日

年⇒月⇒日と、入力していってください。

出生時刻を記入してください。

日本で生まれた方は「JAPAN」を選択します。

外国で生まれた方は、その国を選択してください。

出生地

ローマ字で生まれた都市を入力してください。

すると、自動的に緯度と経度が出てきます。

例えば、nagoyaと入力すると、

「Nagoya, Japan, 35n10, 136e55」 と、自動的に名古屋の緯度経度を入力してくれます。

ただし、あまりローカルな市町村は出て来ません。

その場合は、身近な都市を入力してみてください。

魔女っ子

ご自分が生まれた場所の正確な「緯度・経度」を知りたい方は、「出生地の緯度経度の調べ方」をご覧ください。

すべての記入が終わりましたら、「続ける」ボタンをクリックします。

「進行図」(プログレス・チャート)を表示させる

次の画面では、色々な項目がある画面が現れます。

ですが、以下のように選択すれば大丈夫です。

進行図

では、記入して行きましょう!

本人

ここには、先ほど作った自分の名前が入ります。

もしご自分の名前が入ってなかったら、ドロップダウンで選択してください。

パートナー

こちらは、パートナーを占う時に使うものです。

今は使いませんので、どんな表示になっていてもOKです。

ご希望のチャート

ここが一番重要です。赤矢印の部分に注目してください。

間違えないように「出生図、経過、進行」と言うチャートを選んでください。

チャート表現形式

「標準のチャート様式」になっていればOKです。

表したいチャートの日付

こちらは「どの時期の進行図を作るのか?」で、入れる日付を変えてください。

現在の進行図を作るのなら「現在の日付」を、未来の進行図を作るのなら「未来の日付」を指定してください。

ハウス分割法

「ハウスの分割法」は、色々あります。

ですが、今は「標準のハウス」でOKです。

獣帯

獣帯(ゾディアック)とは、簡単に言うと、星座(サイン)区分のことです。

ここでは、「通常の西洋獣帯(春分点基準)」になっていればOKです。

「進行図」(プログレス・チャート)の表示

…上記を選択したら、「クリックしてチャートを表示」と書かれたボタンを押してください。

…すると、「進行図」が表示されます。

shinkou1

魔女っ子

外周に「緑のマーク」で表示されている惑星が、進行図の惑星です。

進行の「月」と「太陽」

進行図では、「月」と「太陽」の進行が一番重要です。

上図では、進行の「月」が1ハウス(室)に入ってます。

ですので、この方は、現在「新しい計画の始まり」にいる事がわかります。

また、進行の「太陽」が蠍座に入っています。

ですので、組織や集団の中でエネルギーを凝縮している状況であることがわかります。

「進行図」(プログレス・チャート)のデーター表

図面の下部には、データー表が載っています。

進行2

「進行」と書かれている列をご覧ください。

進行の「太陽」が蠍座24度、進行の「月」が天秤座2度にあることがわかりますね?

「経過」(トランシット)も載ってます

ちなみに、右上に「経過」と赤文字で書かれているのがわかるでしょうか?

実は、このアストロディーンストの進行図には、「経過」(トランシット)も載っているんです。

木星より遅い惑星は、全て「経過」(トランシット)の位置を示しています。

なぜなら、進行図では、木星以降の星は動きが遅いので使わないからです。

木星以降の惑星は、進行図の図面上では赤いマークで書かれています。

これは「経過」(トランシット)だという事を示しています。

データー表では、木星が乙女座20度の「経過」(トランシット)の位置にある事がわかります。

まとめ

…いかがでしょう?

ご自分の「進行図」(プログレス・チャート)はこのように出すことができますよ(^◇^)

何はともあれ、やってみてくださいね!

魔女っ子

コチラからどうぞ!