占星術には区分という考え方があります。

12星座(サイン)は、2区分、3区分、4区分という形に分類されているのです。

これにより、「星座の性質」が整理され、わかりやすくなります。

12星座の性質を理解するには、この「区分」を知っておくことが大切です。

たとえば、水瓶座の場合…

たとえば、水瓶座は…

  • 2区分⇒男性サイン
  • 3区分⇒風のサイン
  • 4区分⇒固定サイン

…となります。

すると、水瓶座に関しては、

  • 2区分⇒積極的
  • 3区分⇒知的
  • 4区分⇒ガンコ

…という性質があることがわかります。

このようにして、12星座の一つ一つの性質を理解してゆきます。

12星座の2区分(男性サイン・女性サイン)

占星術では、12星座を2つの区分に分けています。

「男性サイン」と「女性サイン」の2区分です。

  • 「男性サイン」⇒外に向かい積極性がある
  • 「女性サイン」⇒内に向かい受動的になる

…となります。

全ての12星座は、このどちらかに属しています。

例えば…

  • 牡羊座⇒「男性サイン」
  • 牡牛座⇒「女性サイン」

…です。

12星座を理解するには、まず、2区分を理解しましょう。

12星座の3区分(活動・固定・柔軟)

占星術では、12星座を3つの区分に分けています。

3つの区分は、「活動サイン」「固定サイン」「柔軟サイン」です。

  • 活動サイン⇒スタートさせる力
  • 固定サイン⇒定着・維持する力
  • 柔軟サイン⇒調整する力

…となります。

3区分を理解することで、それぞれの星座の性質がくわしく見えてきます。

12星座の4区分(火・地・風・水)

12星座は「火」「地」「風」「水」という4つの区分に分けられています。

  • 「火」⇒精神的・創造的・情熱的
  • 「地」⇒感覚的・実利的・実際的
  • 「風」⇒思考的・論理的・客観的
  • 「水」⇒情感・情愛・共感的

…です。

たとえば、牡羊座は「火」ですし、水瓶座は「風」です。

それぞれの星座は、4つの区分のどれかの性質を持っているのです。

12星座を理解するには、この4区分を理解することが大切です。

星座とサイン

ここでは、初心者向けに「星座」という単語を使っています。

しかし、正式には「サイン」と呼びます。

本当は、占星術で使う12星座というのは、実際の星座とは関係がないのです。

…簡単に言うと、空を12分割しただけなのです。

そういうことで、正式には「星座」ではなく「サイン」と言います。

12星座⇒☓
12サイン⇒〇

まとめ

12星座をきちんと理解するには「占星術の区分」を学ぶことが必須です。

魔女っ子

まずは暗記でもかまわいません。

しっかりと勉強しましょうね^^