西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「水星と海王星」のアスペクトを解説して行きます。

「水星」と「海王星」のアスペクトの意味

水星は、

  • 知性
  • 言語力
  • 工夫する力
  • コミュニケーション能力
  • 実務能力

…などを表しています。

水星と海王星のアスペクトの意味はどうなるでしょうか?

「カンの働き」「直観力」

水星は「知性」、海王星は「霊感」を表します。

ですので、このアスペクトは、なんとなく「物事の背後にあるもの」をキャッチしてしまいます。

水星と海王星のアスペクトは、「カンの働き」や「直観力」などを表わすと言って良いでしょう。

「水星」と「海王星」の各アスペクトの意味

では、「水星」と「海王星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

水星と海王星がコンジャンクション(合)の人は、「形にならないものを言葉に翻訳する才能」があります。

それは、詩の創作であったり、ファンタジー小説の創作などとして発揮されるかもしれません。

魔女っ子

あるいは、人間心理の分析などに秀でるかもしれません。

松村先生は「非常に広い知性を持っていると考えると良い」…とおっしゃってます。

セクスタイル(60度)

水星と海王星がセクスタイル(60度)の人は、「予測する能力」や「広い理解力」があります。

また、言葉で表現できないような微妙なものを表現しようとするようです。

スクエア(90度)

水星と海王星がスクエア(90度)の人は、

注意しないと、日常的な分野で、うっかりと忘れ物をしたり、大変なミスをすることがあるようです。

しかし、悪いことばかりではありません。

松村先生は

精神的な分野、芸術的なところ、あまり物質的なところにこだわらない分野では、非常にすぐれた才能を発揮します。

…とおっしゃっています。

トライン(120度)

水星と海王星がトライン(120度)の人は、イメージをスムーズに言葉に変換できる人でしょう。

それだけでなく

  • 洞察力
  • 先読み力
  • 芸術力

…なども、スムーズに発揮できるでしょう。

オポジション(180度)

水星と海王星がオポジション(180度)の人は、芸術やフィクション(小説や演劇など)の仕事で活躍する力を持っています

松村先生によると、180度は「積極的に休まず働きかける」ことになりますので、創作活動などに力を注ぐと良いようです。

また、このアスペクトは、一般的な実務面では「壁を壊す」という形で作用しやすいです。

ですので、普通の仕事などでは、混乱を招くことも多いようです。

魔女っ子

そんな場合、そのスピリチュアルな力を、普通の仕事ではなく、「芸術」や「創作活動」に向けて、うまく消化しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水星と海王星のアスペクトの人は、何らかの「創作活動」をすると良さそうですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。