本日は、占星術のサビアンシンボル「18度」について考えてみたいと思います。

松村先生によると、18度は「星に照応する古い記憶の探索」という数字のようです。

サビアンシンボルとは?

まず、最初にサビアンシンボルについて説明します。

サビアンシンボルとは、簡単に言うと、1つの星座を30等分し、1度づつの意味を出したものです。

たとえば…

  • 牡羊座1度…「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」
  • 牡羊座2度…「グループを楽しませているコメディアン」
  • 牡羊座3度…「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り」

…など

牡羊座~魚座まで「合計360個」の意味が出てきます。

星座(サイン)の18度は「星に照応する古い記憶の探索」!?

今回、考察するのは、サビアンシンボルで18度にあたるシンボルです。

サビアンシンボル18度
牡羊座18度 空のハンモック
牡牛座18度  バッグを窓から外へ出している女
双子座18度 中国語を話す2人の中国人
蟹座18度 ヒヨコのために土をほじくる雌鳥
獅子座18度 化学の先生
乙女座18度 ウィジャ盤
天秤座18度 逮捕された2人の男
蠍座18度  豪華な秋色の森
射手座18度 日除け帽をかぶっている子供たち
山羊座18度 イギリスの国旗
水瓶座18度 仮面がはがされた男
魚座18度 巨大なテント

18度は「星に照応する古い記憶の探索」!? 

松村潔先生の「ディグリー占星術」によると、18度は「星に照応する古い記憶の探索」となっています。

15度でピークを迎えたサインの力は、16度でクラッシュし、17度ではそのクラッシュを希望として捉えました。

18度では、再度自分の生き方を探すために、自分の足元に注目します。

「星に照応する古い記憶の探索」とは?

未来を開くには、「忘れていた記憶」にたどり着く必要があります。

そのためには、

  • 小さなこと
  • 具体的なこと
  • 足元にあること

…などを探索すると良いようです。

「星に照応する古い記憶の探索」とは、自分の足元から、忘れ去られた記憶を探すことのようです。

松村先生は

例えば、自分の部屋の中を見回すと、それは宇宙の縮図だと言えます。

この中にどんなものでもある。そのように考えてみると、インテリアの配置、あるいは掃除にも真剣になるでしょう。

台所の掃除だけに1日かけてしまう。そんな行為にも、実は大きな発展力があることに気づくのです。

…とおっしゃっています。

お客様

ちなみに、この記事は、松村潔先生の「ディグリー占星術」と「愛蔵版 サビアン占星術」を参考にさせて頂いてます。

サビアンシンボル「18度」各サインの意味

では、各サビアンシンボルの意味をまとめておきます。

牡羊座18度「空のハンモック」

「働きかける事」と「休む事」を規則的に繰り返し、心身を強めて行く

牡羊座は、17度「2人のしかめつらした独身女性 」で、内面の対話や心の中の分析に時間を費やし、内省することが多くなりました。

18度「空(から)のハンモック」では、少し現実的になり、着々と日々の義務を果たして行きます。

松村先生は以下のようにおっしゃってます。

  • 空のハンモックが木の間でゆらゆらと揺れるように、「働きかける事」と「休む事」の間を規則的に行き来して、心身を強めて行く。
  • ささやかながらも建設的な生き方をする人。

これは、本来のペースを取り戻す「リハビリ期間」と言って良いでしょう。

魔女っ子

たとえば、考えてばかりで何もしないとか、逆に動いてばかりいるというのではなく、

ある期間は考え、ある期間はしっかり行動する、というような「規則的な動き」をすると、エネルギーを充電できます。

そして、エネルギーが貯まってきたら、今度は、自分が考えていることを大胆に実行しましょう。

その際は、多少の「大風呂敷」を広げるくらいがちょうど良いでしょう。

このサビアンシンボルを持つ人の中には、「自分の力が失われてしまった」と思う様な体験をする人がいるかもしれません。

しかし、それに囚われず淡々とやってゆくことで、また本来の軌道に復帰できます。

ハンモックが「空」なのは…自分の力を回復するためには、自分の判断を入れず、日々、リハビリを機械的に繰り返していることを示しているようです。

牡牛座18度「バッグを窓から外へ出している女」

「こだわり」や「思い込み」を公開することで自分を解放する

牡牛座は、17度「剣とたいまつの間の戦い」で、自分の本当の意志を発掘するため、試行錯誤してゆきました。

18度「バッグを窓から外へ出している女」では、更に進んで、思い切って自分の思いを暴露します。

松村先生によると、

  • 牡牛座は個人のエゴを育成するサイン。
  • 放置していると「思い込み」や「偏見」が蓄積されてゆく。
  • このサビアンシンボルの人は、それらを一気に公開する。
  • そのことで、自分を解放し、更なる発展を得る。

…ということです。

魔女っ子

逆に「自分が秘密にしていたことを暴露される」と言う経験をする人もいるようです。

双子座18度「中国語を話す2人の中国人」

限られた対人関係を作り、外部の影響から自分を守る

双子座は、17度「知力の頭に溶けていった健康の頭」で、自分自身の頭が柔軟になり、人の意見に影響を受けやすくなりました。

18度「中国語を話す2人の中国人」では、人からの影響の受けやすさを自覚し、対人関係を限定的なものにしてゆきます。

松村先生によると、このサビアンシンボルの人は、

  • 外部から自分を守るため、仲間以外には閉じた態度を取ることが多い。
  • しかし、仲間内では情報交換が盛んで、盛り上がる。

…ということのようです。

蟹座18度「ヒヨコのために土をほじくる雌鳥」

自分の内面に適した仕事や生活を手に入れるため、活動の場を探す

蟹座は、16度「手書きの巻き物を目の前にし正方形の前にいる男」で、心の中の漠然としたものを形にしてゆきました。

17度「知識と生命に成長する微生物」では、その形が、たくさんのバリエーションや色々な可能性を持っていることを知りました。

18度「ヒヨコのために土をほじくる雌鳥」では、その色々な可能性を実現するため、具体的な行動を起こしてゆきます。

自分に適した仕事や生活を手に入れるために、活動の場を探すようになります。

獅子座18度「化学の先生」

自分に直接関わりのないようなことであっても、楽しみや実感が得られることを見出す

獅子座は、17度「ベストを着ていない聖歌隊」で、ありふれた日常生活の中で高揚する体験を見つけました。

18度「化学の先生」では、化学と言う自分に直接関わりのないような行為であっても、楽しみや実感が得られることを見出します。

他の対象を研究したり、真相を解明したりする行為の中で、自分も大きく変化して行くことができるのを発見します。

乙女座18度「ウィジャ盤」

無意識と上手につきあう方法を確立する

乙女座は、17度「噴火している火山」で、抑圧されていた無意識が噴き出し、大きなショックを受けました。

18度「ウィジャ盤」では、自分の内にある影や無意識と上手につきあう方法を確立します。

ウィジャ盤とは西洋版のこっくりさんです。

予感や直感を自分の未来の指針として活用するようになるので、占いなどに熱中することがあるかもしれません。

天秤座18度「逮捕された2人の男」

他者の考えや悩み事にとことんつきあい、マイナーなものでも勇気を持って受け入れる

天秤座は、16度「流されてしまった船付き場」で誰かの考えに巻き込まれ、一緒に道に迷いました。

17度「引退した船長」では、そのような混沌状態から一時撤退して、状況を外から冷静に見つめようとしました。

18度「逮捕された2人の男」では、他者の考えや悩み事にとことんつきあって見ようとします。

その結果、二人は共犯者とみなされ逮捕されるのです。

ここで言う逮捕とは、マイナーなものでも勇気を持って受け入れることに対し、「怪しい人」と言うレッテルを張られると言うくらいの意味です。

別にネガティブなことではありません。

このサビアンシンボルの方は、たとえ迷惑をかけられても、自分が信じることを実践できます。

そして、いつか、その正しさが証明されることでしょう。

蠍座18度「豪華な秋色の森」

閉じこもることと解放すること、そのリズミカルな作業の中で大きな成果を得る

蠍座は、16度「いきなり笑い出す少女の顔」では、自分がそもそも持っている資質や、外部からの未知の影響などを素直に受け取りました。

17度「自分自身の子供の父である女」では、その受け取った影響を自分の中で受胎し育ててゆこうとしました。

受け取るには「開く」、育てるには「閉じる」と言う作用があります。

蠍座18度「豪華な秋色の森」では、その「開く」「閉じる」と言う作用を活用します。

このサビアンシンボルの方は、自分に閉じこもることと、自分を解放することを交互に繰り返す、その作業の中で大きな成果を得ます。

松村先生は、

集中している最中には、自分でも何が飛び出してくるか自覚できません。後で解放された時に、初めてその成果を自分ではっきり理解できます。

…とおっしゃってます。

たとえば、物事が完成された時、「自分はこういうことをやっていたのか!」と、初めて意味を理解するということのようです。

射手座18度「日除け帽をかぶっている子供たち」

行き過ぎを防ぎ、自制心が強くなる

射手座は、17度「復活祭の日の出の礼拝」で、集団に働きかけ、皆を高揚させることで、他人も自分も元気にしました。

しかし、盛りあがりも度を超すと収拾がつかなくなります。

射手座18度「日除け帽をかぶっている子供たち」では、リミッターをもうけて行き過ぎを防ぐことになります。

自制心が強くなりますが、時に、抑制的になりすぎることもあるようです。

山羊座18度「イギリスの国旗」

集団の目的のために自己管理し、社会に貢献して行く

山羊座は、17度「密かに裸で入浴する少女」で、心の中のタブー意識を捨て、自由に振る舞うことに関心を抱きました。

しかし、自分の感情や気持ちを野放しにするだけでは、規律がありません。

18度「イギリスの国旗」では、自己コントロールをしてゆきます。

 集団の目的をしっかり遂行するために自己管理し、社会に貢献して行く人になります。

水瓶座18度「仮面がはがされた男」

過剰に蓄えてしまったものが暴かれ、奪われることによって最終的に晴れやかになる

水瓶座は、16度「机に座っている偉大なビジネスマン」で行き過ぎた野心を抱きました。

17度「ガードをしている番犬」では、その行き過ぎに関して、防衛する動きが出て来ました。

18度「仮面がはがされた男」では、更に進んで、秘密を暴露されることで、その行き過ぎをストップさせられることになります。

しかし、これは悪いことではなく、過剰に蓄えてしまったものが暴かれ、奪われることによって最終的には晴れやかになれるようです。

魚座18度「巨大なテント」

場所や時間などを区切って、思い切り人々を解放する

魚座は、16度「ひらめきの流れ」で刺激を求め、17度「復活祭の歩道」では、人々を興奮の渦に巻き込むようなことを考えました。

18度「巨大なテント」では、この盛り上がりをテントの中で演出します。

テントは限られた空間です。

日常の生活の中ではなく、場所や時間などを区切った中で、思い切り解放するのです。

このサビアンシンボルの方は、イベントなどの分野で成功しやすいようです。

まとめ

…と言うわけで、ホロスコープの18度は、「星に照応する古い記憶の探索」です。

当記事は、松村潔先生の「ディグリー占星術」と「愛蔵版 サビアン占星術 (エルブックス・シリーズ)」を参考にさせて頂いてます。

各度数の意味を詳しく知りたい方は「ディグリー占星術」がオススメです。

※占星術の中級者向けです。

魔女っ子

サビアン占星術を勉強するための入門書はこちら!

他の度数のサビアンシンボルを調べたい方はコチラ!