このコーナーでは、各サビアン・シンボルの

  • 意味
  • 読み方
  • 特徴

…について解説してゆきます。

サビアン・シンボルは、1つの星座に30シンボルあります。

ですので、合計360シンボル(12×30)あることになります。

サビアンシンボルとは?

まず、最初にサビアンシンボルについて説明します。

サビアンシンボルとは、1つの星座を30等分し「1度づつの意味」を出したものです。

たとえば…

  • 牡羊座1度→「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」
  • 牡羊座2度→「グループを楽しませているコメディアン」
  • 牡羊座3度→「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り」

…など

牡羊座~魚座まで「合計360個」の意味が出てきます。

サビアンシンボルは「数字の意味」を理解することも必要

サビアンシンボルは「謎の詩文」です。

…まるで、暗号のようです。

その「詩文だけ」から意味を見出そうとしても、ムツカシイです。

数字の意味や順序なども理解する必要があります。

ですので、1度~30度ごとに、順を追って考えてゆくのがベストです。

松村潔先生の本で「サビアン・シンボル」を読み解く

シンボル考察にあたっては、松村潔先生の著作を参考にさせていただきました。

本格的にサビアンシンボルを勉強したい方は、以下の本をご覧になることをオススメします。

各「サビアンシンボル」の解説

では、リンクから、気になるサビアン・シンボルの

  • 意味
  • 見方
  • 読み方
  • 特徴

…などを調べてみましょう。

注意

サビアンシンボルを調べる場合、度数は切り上げてください。

たとえば、

  • 乙女座11°09’⇒乙女座12度
  • 蠍座12°19’⇒蠍座13度

…このように、切り上げて「サビアンシンボル」に対応させてくださいね。

サビアンシンボル1~5度

サビアンシンボル6~10度

サビアンシンボル11~15度

サビアンシンボル16~20度

サビアンシンボル21~25度

サビアンシンボル26~30度




まとめ

今回は、各「サビアン・シンボル」解説!(意味・読み方・特徴)をご紹介しました。

サビアンシンボルは、ほんとうに難しいです。

ですが、ホロスコープを深く読むには、サビアンを理解することが必須です。

占い師になりたい方は、ぜひ勉強してみてくださいね。

魔女っ子

サビアン占星術を学ぶ本はこちら!