本日は、占星術のサビアンシンボル「1度」について解説します。

1度は、そのサインの「スタート」です。

サビアンシンボルとは?

まず、最初にサビアンシンボルについて説明します。

サビアンシンボルとは、簡単に言うと、1つの星座を30等分し、1度づつの意味を出したものです。

たとえば…

  • 牡羊座1度…「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」
  • 牡羊座2度…「グループを楽しませているコメディアン」
  • 牡羊座3度…「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り」

…など

牡羊座~魚座まで「合計360個」の意味が出てきます。

星座(サイン)の1度は、サインそのもののパワー!?

今回、考察するのは、サビアンシンボルで1度にあたるシンボルです。

サビアンシンボル1度
牡羊座1度 女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く
牡牛座1度  清らかな山の小川
双子座1度 静かな水に浮くガラス底ボート
蟹座1度 船に掲示される巻かれ広げられる旗
獅子座1度 脳溢血の症状
乙女座1度 男の頭
天秤座1度 突き通す針により完璧にされた蝶
蠍座1度  観光バス
射手座1度 退役軍人会のキャンプファイヤー
山羊座1度 認識を求めるインディアンの酋長
水瓶座1度 古いレンガ作りの伝道所
魚座1度 公共の市場

1度は、サインの特質を強く押し出す

松村潔先生の「ディグリー占星術」によると、1度は「サインの特質を強く押し出す」です。

無計画・衝動的に、そのサインの持つ性質を打ち出してゆく数字となります。

1度はサインの始まりです。

松村先生は

「意識的な要素を失い、サインの素材そのものに同化して、サインそのものとして歩き始めます。」

…とおっしゃっています。

魔女っ子

1度は 「そのサインを体現する」 と言うわけですね^^

サビアンシンボル「1度」各サインの意味

では、松村先生の「愛蔵版 サビアン占星術」を参考にさせていただきながら、

シンボルの意味をまとめてみます。

牡羊座1度「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」

意味

牡羊座1度「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」…

このサビアンシンボルは、「存在の芽生え」の瞬間を表します。

…まったくの「無の世界」から生まれ落ちたばかりの状態です。

無意識の海から、新しい「個」が生まれつつあります。

性格・才能

子供のように純粋な人

このサビアンシンボルの方は、「人生への挑戦が始まったばかり」…そんな不思議な感覚をお持ちなのでは?

自分の存在を強く押し出したいのですが、具体的なやり方がわからず、バクゼンとすることが多いようです。

それは、まだ「目覚め」と「眠り」の間に立っている状態だからです。

子供のように純粋な人が多いようです。

使命・役割

自分個人をこの世界に押し出す

集団意識の中に埋もれ、そのルールに縛られているのはつらいものです。

これでは「個人の目的」を達成できません。

牡羊座1度の人の使命は、自分個人をこの世界に押し出すことです。

新しい世界に挑戦しなければなりません。

やってみなければ、どうなるかなんてわからないのです。

牡牛座1度「清らかな山の小川」

意味

牡牛座1度「清らかな山の小川」…

このサビアンシンボルは、「天」から「肉体」にエネルギーが降りてくるような感じでしょうか?

  • 霊脈
  • 血統
  • 家系

…などから受け継いだ「才能」や「資質」を活用してゆくことができます。

性格・才能

自分の「純粋な資質」を発現せずにはおかない

「牡羊座」の段階では、自分が漂流しているように感じることが多かったのです。

しかし、「牡牛座」に入ると、自分の活動拠点が見つかります。

「天の湖」から「地上の川」にエネルギーが降りてくるのです。

それは、とても純粋なものです。

牡牛座1度「清らかな山の小川」では、自分の生まれつきの資質(家系や遺伝)が発現します。

そして、その資質にもっとも相応しい境遇に引き込まれてゆきます。

魔女っ子

松村先生によると、

「いきなり世間に登場して何かの業績を残すような人」も多いようです。

使命・役割

自分の「生まれつきの資質」を開花する

自分の性質に合わないことを強いられるのが、現在の社会です。

…でも、そんなことで良いのでしょうか?

牡牛座1度の人の使命は、自分の「純粋な資質」「生まれ持った資質」を開花することです。

そのためには、どんな困難にも負けてはなりません。

双子座1度「静かな水に浮くガラス底ボート」

意味

双子座1度「静かな水に浮くガラス底ボート」…

このサビアンシンボルの人は、好奇心の対象を追いかけます。

色々なものを、行き当たりばったりで観察します。

…「興味津々」の状態です。

性格・才能

あらゆる「好奇心の対象」を追いかける

松村先生によると、「自分は飛び込まずに外から観察する」のが双子座の基本姿勢とのこと。

…えっ?ズルい?(;^ω^)

でも、自分が海に飛び込んでしまったら、他の色々な場所を見に行けなくなってしまいます。

自分が安全地帯にいるからこそ、多くの対象を追いかけることができるのです。

防衛心もちゃんとある!?

サビアンシンボル「静かな水に浮くガラス底ボート」の人は、好奇心一杯な人です。

関係ないことにも頭を突っ込みたがる人も多いようです。

ですが、「防衛心」も強く、自らはその体験によって変化しません。

…そうやって、次の「好奇心の対象」を追い求めてゆくのです。

使命・役割

奥底を見透かす眼力の開発

双子座1度の方は、単に好奇心のまま漂っていてはいけません。

「人の心の奥」「潜在意識」を見通す力をもつけるべきです。

もちろん、「自然界」や「歴史」の奥底を見透かす眼力をも開発するべきです。

このサビアンシンボルの人には、それができるはずです。

蟹座1度「船に掲示される巻かれ広げられる旗」

意味

蟹座1度「船に掲示される巻かれ広げられる旗」…

このサビアンシンボルの意味は、集団化された船に乗ることです。

「集団のカラー」に染まるのです。

  • ファミリー
  • 仲間
  • グループ

…などに所属し、「共通の意識」を持つことになります。

性格・才能

心を同じくする仲間と一緒に活動する

松村先生によると、蟹座は…

  1. 個人の個性を消去し
  2. 共同体や集団の支配原理に従属し
  3. 共存を図る

…そういうサインとのことです。

蟹座1度「船に掲示される巻かれ広げられる旗」では、共同体である船に旗が掲げられ、その旗のもとに、皆が集結します。

それは「組織の規則」ではありません。

心を同じくする仲間として集団化を要求するのです。

使命・役割

心の結びつきを通して、何かを実現してゆく

この社会の集団の多くは、「利権」を中心にしたものです。

会社にしろ、政党にしろ、宗教にしろ、その中心には「利権」があることが多いです。

しかし、本当の集団は、「心」を中心にしなくてはなりません。

それこそが、本当の「チーム」です。

蟹座1度「船に掲示される巻かれ広げられる旗」の人は、人の心と心の結びつきを通して、何かを実現してゆく使命があると思います。

獅子座1度「脳溢血の症状」

意味

獅子座1度「脳溢血の症状」…

このサビアンシンボルの意味は、「脳溢血(のういっけつ)」になるというわけではありません。

簡単に言うと、脳の血が噴き出すほど、エネルギーが強いという意味です(;^ω^)

性格・才能

他人に共感されることを拒否して、力を爆発させる

このサビアンシンボルの人が持つ性質…

それは、「爆発する火のエネルギー」です。

衝動的で、コントロール不可能なほどの勢いです。

そのエネルギーは、他人との共感にからめ取られてしまうと十全には発揮できません。

ですので、他人に共感されることを拒否して、自分の中の「創造的な力」を活性化してゆきます。

魔女っ子

松村先生は

  • 「獅子座は基本的に自閉的なサイン。」
  • 「まずはここで、仲間との共感や理解と言うものが消える」
  • 「その後に個人の創造的な精神の開発と言う長い探究の道が始まる」

…とおっしゃっています。

使命・役割

強力なエネルギーを集約させ、何らかの目標を達成する

このサビアンシンボル、獅子座1度「脳溢血の症状」の人は、

「自分は自分。他人は他人。」…という人が多いでしょう。

誰にも迎合せず、1人で好きなことを追求したい衝動が強いはずです。

そのため、孤立することもありますが、そんなことはものともしないパワーがある人です。

ですが、やたらエネルギーを浪費させていては、成功はおぼつきません。

その強力なエネルギーを一つの目的に向かって集約させ、「フォース(武器)」として使う必要があります。

乙女座1度「男の頭」

意味

乙女座1度「男の頭」…

このサビアンシンボルの意味は、

  • 観察力
  • 識別力
  • 分析力

…です。

男の頭は、じっくり観察され、絵に描かれてゆきます。

輪郭なども正確に描写されます。

性格・才能

しっかり観察することで、情報を整理し、自分の生き方を整える

松村先生は

「乙女座は、外面的な特徴を明晰に把握する能力を高めることで、自分の生き方も細かく整えることができるようになる。」

とおっしゃっています。

乙女座1度は、対象をしっかり観察することで、情報を整理し、把握します。

それをもってして、自分の生き方もキチッとしたものにしてゆくのですね。

使命・役割

最終的には5感に頼らず、「天の視点」を開発する

このサビアンシンボルの人は、細かい特徴を把握するのは得意です。

しかし、視覚にだけ頼っていると、全体を見失うことが多いです。

ですので、いつかは、自分の肉体的な感覚に頼ることをやめ、「天の視点」のようなものを開発してゆく必要があります。

天秤座1度「突き通す針により完璧にされた蝶」

意味

天秤座1度「突き通す針により完璧にされた蝶」…

このサビアンシンボルでは、

人から見られる自分という「客観的な自分」の育成がスタートします。

「人からどう見られているか?」ということを意識することによって、自分が磨かれてゆきます。

魔女っ子

松村先生は

「天秤座では、人から見られる姿と(自分自身の)内面のズレをなくし、社会的な可能性を広げようという段階に入る。」

…とおっしゃっています。

性格・才能

「社交性」がある、人当たりの良い人

確かに、「人からどう見られているか?」を意識しないと、社会性が育ちません。

天秤座1度の人は、わかりやすいキャラクターや個性を確立し、周囲の人と関わってゆきます。

社交性がある、「人当たりの良い人」といって良いでしょう。

使命・役割

「色んな自分」(多重存在としての自分)を表現してゆく

「人からどう見られているか?」ばかりを意識していると、自分の個性が死んでしまいます。

人間は本来「多重存在」であり、本当は色んな自分がいるのです。

天秤座1度「突き通す針により完璧にされた蝶」の人は、

最終的に、「人からどう見られているか?」を意識する標本から、多重存在としての自分を表現してゆく自由な蝶に進化してゆく必要があります。

蠍座1度「観光バス」

意味

蠍座1度「観光バス」…

このサビアンシンボルの意味は、

「観光バスと言う密室の中で、他と交わる体験をする」ということです。

性格・才能

他者と結びつくことによって、自分自身を変える

松村先生は「蠍座は、外部の何かと合体して、自分の不足を補うサイン。」とおっしゃっています。

蠍座1度「観光バス」の人は、

他者と結びつくことによって、パワーを得たり、自分自身を変えてゆくことができます。

それだけでなく、自らも多くの人に強い印象を与える力を持っている人が多いようです。

使命・役割

とことん関わることで、自分と相手の殻を破り、変化・成長をもたらす

このサビアンシンボルの人は、他人や組織と深くかかわることによって、自分自身の殻を破ることができます。

中途半端な関わりでは、変化しません。

とことん関わることで、自分も相手もパワフルに変化してゆきます。

射手座1度「退役軍人会のキャンプファイヤー」

意味

射手座1度「退役軍人会のキャンプファイヤー」…

このサビアンシンボルの意味は、

  • 戦い
  • 闘志
  • 求道精神
  • 誇り高い精神性

…のスタートです。

とは言え、それは単なる「暴力」や「ケンカ」ではありません。

「哲学」や「精神性」を備えた火のパワーです。

魔女っ子

松村先生は

  • 「射手座1度は、互いの自由意志を尊重した上で、衝突したり議論したりという関係にめいっぱい楽しさを感じている。」
  • 「火のサインは活力の高揚なので、衝突して摩擦が起こり、熱くなることに意義を感じる。」

…とおっしゃっています。

性格・才能

互いの闘争心を刺激して、共に向上する

前の蠍座では、一つの意志が支配する「結束ある集団」でした。

ですが、射手座では、個人のパワーが活性化して自由になります。

ですので、この射手座1度「退役軍人会のキャンプファイヤー」は、

自発的意思によって集まる軍隊となっているのです。

この度数の人は、互いの闘争心を刺激して、共に向上しようという精神を持っています。

「武道」や「スポーツ」に関わる人も多そうです。

使命・役割

一朝事ある時には、団結して立ち上がるパワー

平和な時代と言うのは、「保身の意識」になりがちです。

安楽な生活に、「戦う意志」がからめ取られてしまうのです。

ですが、このサビアンシンボルの人は、一朝事ある時には、団結して立ち上がるパワーを秘めているのです。

山羊座1度「認識を求めるインディアンの酋長」

意味

山羊座1度「認識を求めるインディアンの酋長」…

このサビアンシンボルでは、グループをまとめ、仕切ることが始まります。

松村先生は、「火の星座である射手座のすぐ後ですから、自分が統率者であると言う態度で臨む。」…とおっしゃっています。

性格・才能

集団をまとめる力、リーダーシップ

山羊座1度の人は、ばらばらな意見をまとめて、統合する立場に立とうとします。

  • 集団をまとめる力
  • リーダシップ
  • 責任感
  • 大胆さ

…などがあります。

しかし、角が立つ振舞いも多く、反感を買う事もあるようです。

使命・役割

実力でもって、自分が「王」であると皆に認めさせる

権力を得ようとしても、実力がなければ、たちどころに追い落とされます。

権力を得るには「実力」が要ります。

このサビアンシンボルの人は、

実力でもって、自分が「王」であると、皆に認めさせる必要があります。

水瓶座1度「古いレンガ作りの伝道所」

意味

水瓶座1度「古いレンガ作りの伝道所」…

このサビアンシンボルの意味は、場所を超越することです。

組織などの「固定した枠組み」も超越してゆきます。

グローバル化、普遍化のスタートです。

松村先生は「水瓶座は空間的につながらなくとも、共時性(シンクロニティ)によって意志疎通できる。」とおっしゃっています。

その象徴が、世界各地にある「古いレンガ作りの伝道所」です。

性格・才能

グローバルに理想を実現してゆく

このサビアンシンボルの人は、世界に対し、自由に「理念」を拡大してゆきます。

「理念」とは、どんな条件にも左右されない、自分自身の中の\絶対基準/です。

もちろん、場所や空間などの環境にも左右されません。

水瓶座1度の人は、このようにして、グローバルに理想を実現してゆきます。

使命・役割

真の宇宙的視点を開発する

いくらグローバルな視点があっても、それが「宇宙の真実」とかけ離れていては、何の意味もありません。

このサビアンシンボルの人は、「真の宇宙的視点」を開発する必要があります。

魚座1度「公共の市場」

魚座1度「公共の市場」…

このサビアンシンボルでは、

あらゆるものを一堂に集め、統合化する「最終段階」が始まります。

  • 精神的なもの
  • 物質的なもの
  • あらゆる価値

…が混然一体と混じりあいます。

そのカオスの中で、「人間の偏見」が消えてゆきます。

魔女っ子

松村先生は

「魚座が人間性の最終的な統合化を目指すためには、特定の価値観に幽閉されている人をその牢獄から引きづり出さなくてはならない。」

…とおっしゃっています。

性格・才能

「差別」「偏見」「思いこみ」などが消滅してゆく

魚座1度「公共の市場」では、ありとあらゆる商品が脈絡なく並んでいます。

…カオスです。

価値の混乱が起こり、今まで信じていた人生観や信念などが瓦解してゆきます。

その結果、「差別」「偏見」「思いこみ」などが消滅してゆきます。

使命・役割

異質なものを「ごっちゃ煮」にすることで、新たな生命を生み出す

色々なものが混じりあうことで「複合作用」が生まれます。

それは、予想もできなかったようなものを誕生させることでしょう。

魚座1度の人は、異質なものを「ごっちゃ煮」にすることで、新たな生命を生み出すことが可能なのです。

まとめ

…と言うわけで、

サビアンシンボル「1度」の方は、

サインをスタートさせる「強烈なパワー」を使えそうです!(^^)!

魔女っ子

この記事は、松村潔先生の本を参考にさせて頂いてます。

  • 度数の意味は「ディグリー占星術」
  • サビアンシンボルの意味は「愛蔵版 サビアン占星術」

…がオススメです。

※どちらも占星術「中級者」向けです。

お客様

他の度数のサビアンシンボルを調べたい方はコチラ!