ここでは、占星術のハウス(室)が表す意味を説明します。

人間の運命を決めているのは、惑星の星座(サイン)だけではありません。

その惑星が「どのハウスに入っているか?」も重要です。

星座がエネルギーの「性質」を表すとすれば、ハウスはエネルギーが展開する「分野」や「場所」だと考えましょう。
ハウスは、より地上的なことを表します。

ハウスシステム

各ハウス(室)の意味

では、12のハウス、それぞれの意味を解説します。

第1ハウス(室)

カワイコ

自分自身の室

自分自身の肉体や自我を表すハウスです。

個性、キャラクター、パーソナリティーなども表します。

また、自分自身を成り立たせる、根源的なエネルギーや生命力なども表します。

第1ハウスは、自分自身の出発点となり、「新規の計画」の始まりなども表します。

第2ハウス(室)

カワイコ

所有の室

主に財運・経済力・収入などを表します。

また、その人が所有している才能、内面的感覚、価値観なども表します。

第2ハウスは、心の中にある計画を現実レベルに着地させ、計画を現実化・物質化して行く作業も表しています。

第3ハウス(室)

カワイコ

意思疎通の室

コミュニケーション能力や基礎的な知性を表すハウスです。

通信・伝達にも関係があります。

また、兄弟に関する事や近辺状況など、身近な事柄も表します。

第3ハウスは、計画を具体的に発展させるための技術や知識の習得なども表しています。

第4ハウス(室)

カワイコ

家庭の室

生まれ育った家庭、家系、両親、生活環境などを表します。

また、集団的・共有的なこと(集合的無意識、ルーツ、情感)なども表しています。

第4ハウスは、仲間ができたり、基盤ができたりと、心の拠り所となるような出来事をも示しています。

第5ハウス(室)

カワイコ

創造の室

創造、表現活動などの、クリエイティブなことを表します。

また、娯楽、趣味、レジャーなどの楽しいこと、そして、性的エネルギー・恋愛などをも表しています。

第5ハウスは、個性的なこと・独創的なことを展開して行くハウスとなります。

第6ハウス(室)

カワイコ

従属の室

義務としての仕事、職場、労働、実務、奉仕などを表します。

また、自己調整的なこと(整理整頓、健康管理、メンテナンス)などをも表しています。

第6ハウスは、仕事への集中、努力、訓練などをするハウスとなります。

第7ハウス(室)

カワイコ

人間関係・対人関係の室

自分に足りないところを補ってくれる他人、協力者、取引相手、共同事業、援助者、パートナなど…

対外的なことに関することを表します。

第7ハウスは、外界との接点となりますので、さまざまなチャンスやデビューを呼び込むことになります。

第8ハウス(室)

カワイコ

遺伝の室

他から受け継がれるもの、他人との深い関わり合い、遺産、遺志、遺伝、継承…など。

あるいは、生と死に関すること。

また、融合的なこと(結婚、束縛、同化、絆、組織との一体化)なども表します。

第8ハウスは「集団活動」で力を蓄えることなども表しています。

第9ハウス(室)

カワイコ

精神の室

思想、教養、学問、宗教、法律、文化…主に抽象的で哲学的な分野に関わることを表します。

また、外国や遠距離旅行などをも表します。

第9ハウスは、個人の自由な力が解放され、応用力の育成やグレードアップが期待できるハウスです。

第10ハウス(室)

カワイコ

業績の室

社会的地位、職業、名誉、名声…などを表します。

主に、社会との関わりを表す室となります。

第10ハウスは、今までの仕事の頂点化、成果が認められる室となります。

第11ハウス(室)

カワイコ

願望の室・仲間の室

未来的なこと(未来ヴィジョン、未来願望)を表します。

また友人などの「仲間」や、社会改革などの「グローバル的」なものも表します。

第11ハウスは、ネットワーク化・支局化、弟子の育成なども表します。

第12ハウス(室)

カワイコ

秘密の室

宿命、潜在意識、社会の裏側、隠されたもの…

主に神秘的で目に見えないことを表します。

第12ハウスは、今までの社会活動を分解し、そのエッセンスだけを抜き取り、新しい活動への模索を始める室でもあります。

まとめ

…いかがでしょうか?

12の室の意味がわかると、ホロスコープを読む力がグッと増しますヨ(^◇^)

この記事が、皆様のお役に立てば嬉しいです。

ご自分のハウスを知りたい方はハウスを調べる方法をご覧くださいネ。

魔女っ子

本格的に自分のホロスコープを占いたい方は、松村潔先生の「宿命と予言」をどうぞ!