このコーナーでは、ちょっと不思議な占星術を紹介してゆきます。

…それは、サビアン占星術です。

今まで、占星術で運命を鑑定するためには、

  • 星座
  • ハウス
  • アスペクト

…などで調べていましたね?

しかし、今回ご紹介するサビアン占星術はちょっと違います。

サビアン・シンボルという、詩文を使って鑑定してゆくのです。




「サビアン占星術」とは?

このコーナーでは、不思議な詩文で占うサビアン占星術について解説します。

サビアンシンボルの登場

サビアンシンボルには透視が関わっています。

マーク・エドモンド・ジョーンズと言うアメリカの占星術研究家がいました。

なんと、彼は1925年、エリス・フィラーという女性詩人に星座の度数の意味透視させたのです。

魔女っ子

エリス・フィラーは、車椅子に乗った透視家です。

ホロスコープの「すべての度数」を霊視!

ホロスコープは、牡羊座~魚座まで「360度」あります。

このすべての度数を霊視し、イメージとして導き出したもの…

それが「サビアンシンボル」です。

「サビアンシンボル」ってどんなもの?

サビアンシンボルには、12星座すべての度数が「イメージ」として表されています。

たとえば

星座の度数 イメージ
牡羊座4度 「恋人たちが秘密の散歩を楽しむ」
蟹座5度 「踏切で列車にぶつかった車」
蠍座13度 「発明家が研究室で実験している」
魚座20度 「夕食のためにセットされたテーブル」

 …など

各星座の1~30度までのすべてに、あるシーンを切り取ったかのような独特のイメージが与えられているのです。

この360個の「不思議なシンボル群」…これがサビアンシンボルです。

ディーン・ルディアによる「サビアン占星術」への発展

このサビアンシンボルの研究を続け、占星術として体系化した人がいます。

それが、フランス人のディーン・ルディアという占星術師でした。

彼は1973年に「アストロロジカル・マンダラ」というサビアン占星術の本を出しました。

この業績によって、彼は「20世紀最大の占星術師」と言われるようになったのです。

「サビアン占星術」で何がわかる?

サビアン占星術は、実に不思議な占いです。

太陽、火星、金星、冥王星…など、各惑星にシンボルが割り当てられます。

そして、 そのシンボルは何となく思い当たることが多いのです。

こ、これは!ムチャクチャ当たってる!

…と驚く方も多いのではないでしょうか?

今までの占星術とはどう違う?

今までの占星術は、

  • 星座
  • アスペクト
  • ハウス

…などを使って鑑定していました。

これはある意味「伝統的」「科学的」な占いと言えます。

一方、サビアン占星術はシンボル(イメージ)を読み解くことによって占うものです。

どちらかと言うと、霊視に近い占いと言えるかもしれません。

魔女っ子

たとえば「恋人たちが秘密の散歩を楽しむ」と言うサビアンシンボルがあります。

なんとなく、イチャイチャする場面が見えてきますよね~(◎Д◎)霊視

日本のサビアン占星術家

その後、サビアン占星術を、日本の占星術家がさらにくわしく研究し、発展させました。

その結果、私たちも実用化できるようになったのです。

以下のお二方は「サビアン占星術」を発展させた大功労者と言って良いでしょう。

直居あきら氏

実際にディーン・ルディアに会い「サビアン占星術」を更に深め、日本に紹介した。

「神智学」をベースに、深いシンボル解説をされている。

松村潔氏

著名な西洋占星術家。

サビアンシンボルの解析に「数字が持っている意味」を活用し、より科学的にシンボルを分析することを可能にした。

サビアン占星術に新しい視点を切り開いたキーパーソン。

松村潔先生の「サビアン占星術」がおすすめ!

特に、松村潔先生の功績はとても大きいと思います。

無秩序でわかりにくかったサビアンシンボルが、理路整然としたものになりました。

その結果、私たちにもサビアン占星術が身近なものになったのです。

魔女っ子

「サビアン占星術」を勉強するなら、松村先生の本がオススメです。

まとめ

今回は、サビアン占星術(サビアンシンボル)についてご紹介しました。

いかがでしょう?

何となくイメージがつかめましたか?

これからも「サビアン占星術」を優しく解説してゆきますね。

OK魔女

以下の記事もご覧になると、もっとくわしくわかりますよ。