占星術を学ぶと、人にやさしくなれるんです。

…やさしさとは何でしょうか?

やさしさとは、人に対する「深い理解」からもたらされるものです。

では、その「深い理解」は、一体どうすればできるようになるのでしょうか?

「共感 」できない人は受け入れにくい

人間は、相手に対する「共感」さえあれば、自然とやさしくなれるものです。

「共感」とは、同じ周波数を持っている者どうしが、響きあうことです。

…でも、困ったことに、世の中にはどうしても共感できない人がいますよね?

  • 自分の「チューニング(共感範囲)」を超えている
  • まったく違う周波数を持っている

…そのような「どうしてもわかりあえない人」がいます。

たとえば…

たとえば、現実的で細かい部分を大切にする「乙女座」から見れば、

ある意味、がさつで突発的な「牡羊座」の人とは共感しづらいでしょう。

また、クールで理知的な星座である「水瓶座」から見れば、

ドロドロの感情を抱えがちな「蠍座」の人とは共感しづらいでしょう。

他人を受け入れるには「理解」が必要

このように、お互い、もともと共感しづらい特性を持っている場合は、そのままではわかりあうことが難しいです。

ですので、どうしても「理解」という知的歩み寄りが必要となってきます。

たとえ、その人との間に“共感”がなくても、

まずは頭で「理解」してあげることができれば、その人を受け入れることが可能です。

本当の理解とは「自分のこととして」実感すること

…しかし、ホントウを言えば、「理解」というものは、頭でするものではなく、もっと「実感」を伴ったものであるべきです。

客観的に相手のことを見るのではなく、「自分のこととして」実感する必要があるのです。

これこそが、本当の意味での「理解」です。

他人を理解するカギは「自分のホロスコープ」の中にある

ではどうすれば良いのでしょうか?

実は、他人を理解するカギは、「自分のホロスコープ」の中にあります。

誰のホロスコープの中にも、構造としては、必ず全ての星座(12星座)がありますよね?

しかし、その中には、自分自身が「まだ良く実感できていない」星座があるのです。

それを実感することが、他人を理解するカギになります。

天体が入っていない星座は、実感しづらい

例えば、上図のようなホロスコープを持つ人を例に上げてみます。

この方は、「牡牛座」には、天体がありません。

実は、天体が入っていない星座というのは、なかなか実感しづらいものなんです。

例えば、「牡牛座に星が1つも入っていないと、牡牛座の人の気持ちがわかりにくい。」と言うことです。

自分のホロスコープを読むことで、他人を理解することができるようになってくる

 しかし、誰のホロスコープの中にも、構造としては、必ずすべての星座があります。

ですので、天体が入っていない星座と言えども、まったくわからないわけではないのです。

その星座の特性を感じることによって、だんだんと、その星座のことがわかってきます。

ですので、まず自分自身のホロスコープをよく読み解いてみることです。

自分自身のホロスコープを読み解き、感じることを通して、色々な星座の特性を実感することが可能になります。

「牡牛座の人はこういう感覚だったのか!」

…それがわかれば、本当の意味で他人を理解することができるようになってきます。

占星術を学ぶと人にやさしくできる!

占星術を深く学べば学ぶほど、他人に対して「実感」を伴った理解ができるようになってきます。

すると、自然に他人を受け入れ、やさしくすることができるようになってくるのです。

…つまり、

占星術に通じれば通じるほど、人にやさしくなることができる!

…そう言うことなんです(///ω///)♪

悪魔っ子

ほんとかなぁ~?

魔女っ子

私は、そう信じてます(^^)/