西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「火星と木星のアスペクト」を解説してゆきます。

「火星」と「木星」のアスペクトの意味

火星は、

  • チャレンジ
  • 行動力
  • 攻撃力
  • 熱・活気

…などを表しています。

では、火星と木星のアスペクトはどんな意味になるのでしょうか?

明るく前向きな「発展力」

火星は「行動力・チャレンジ」、木星は「明るい拡大作用」を表します。

そのため、このアスペクトは「明るく前向きな発展力」を表わすと言って良いでしょう。

魔女っ子

また、木星を「社会性」とすると、

このアスペクトは「健全な社会活動を活発化させる」という意味にもなります。

「火星」と「木星」の各アスペクトの意味

では、「火星」と「木星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

「火星」と「木星」がコンジャンクションの人…

松村先生は「時代変遷に合わせた形で意志が発生する」とおっしゃっています。

ブームに乗って、行動が展開しやすいというわけですね^^

ですので、

  • 起業ブームの時は起業する
  • 宝くじが評判の時は宝くじを買う

・・・というような具合になるようです。

また、木星の「広げる性質」に火星の「熱」が加わりますので、イケイケドンドンで、どんなことにも手を広げてゆくことになるでしょう。

魔女っ子

ちなみに合(コンジャンクション)の場合は、「無自覚」で突き動かされてゆきます。

セクスタイル(60度)

「火星」と「木星」がセクスタイルの人…

セクスタイルは、外部あるいは別分野からの援護を意味します。

木星は「チャンスを増やす」ので、外からのチャンスによって、火星は「やる気」をあおられてきます。

松村先生は、

木星は努力しなくても拡大する。 なので、火星からすると忍耐や努力や無理な行為がさほど必要ないまま、助けになる。

…とおっしゃってます。

魔女っ子

「さほど苦労せずにチャンスをつかみやすい」ところがあるのでしょうね。

スクエア(90度)

「火星」と「木星」がスクエアの人は、予想外のところからの援助(木星)があります。

その結果、行動(火星)は脱線しやすくなります。

松村先生は、

  • 思わぬことに熱中してしまい、無駄が多い。
  • だが、慎重にしようとすると元気がなくなる

…とおっしゃってます。

魔女っ子

ですが、脱線も悪いことではありません。

自分の意図しないところからではあっても、チャンスがやってきます。

松村先生は、

たとえば、ある会社に行き、仕事の提案をします。すると、相手の会社から全く別件を提案されて、火星はすぐにその気になってしまいます。

・・・と、例を挙げています。

トライン(120度)

「火星」と「木星」がトラインの人は、

社会へのチャレンジがスムーズに通りやすい配置です。

火星が行動するのに、いつも木星が賛成してくれるので、屈折なく力を発揮することができます。

土星やトランスサタニアンのハードアスペクトがなければ、周りからの反発もありません。

松村先生は、

明るい野心や乗りやすい性格で、社会の中で、”わかりやすい成功”をしやすい。

・・・とおっしゃってます。

オポジション(180度)

「火星」と「木星」がオポジションの人…

オポジションは「外へ働きかける」配置です。

火星の「行動」は、木星の「拡大性」の中に解き放たれます。

ですので、自制心が働きにくく、何にでもノリ過ぎで、ゆきすぎた行動をすることも多いようです。

松村先生は

思いついたら、深く考えず、走ってしまうアスペクト。

・・・と、おっしゃってます。

魔女っ子

また、木星を「流行」ととらえると、流行の中に飛び込んでゆきやすいと読めます。

松村先生は

  • 流行に対して敏感
  • 企画力が鋭い
  • 時代性に振り回されやすい

…とおっしゃってます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「火星」と「木星」のアスペクトの人…

勢いのある活動をしそうですね♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。