西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運命の働きが違ってくるのです。

このコーナーでは、月と木星のアスペクトを解説して行きます。

「月」と「木星」のアスペクトは何を表す?

では、「月」と「木星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?




お気楽度

月は「感情」、木星は「寛容さ・楽天性」です。

そのため、月と木星のアスペクトは「感情」と「楽天性」の関係性…

つまり「お気楽度」を表します。

「月」と「木星」の各アスペクトの意味

では、「月」と「木星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

月と木星がコンジャンクション(合)の人は、明るく楽天的。

細かい事を気にしない。

人に好かれやすいし、人をリラックスさせることができるでしょう。

魔女っ子

しかし、無防備、うかつなところがあり、時に人をイライラさせることがあるかも。

松村先生は

地の部分で、気を抜いた、リラックスしたゆるい性格。しかし、たいていは、もっと厳密で細かい自分をつくろうとするようになる。

…とおっしゃっています。

セクスタイル(60度)

月と木星がセクスタイル(60度)は、どことなく人が良さそうで可愛らしいでしょう。

スポンサー運がある人も多いかも。

魔女っ子

他から「援助」がもたらされやすい配置のようです。

スクエア(90度)

月と木星がスクエア(90度)の人は、気まま、気まぐれ。

予定外の行動をするかもしれません。

急にどうでも良くなったりする傾向も…。

松村先生によると、

  • お気楽だが、現実が伴わない。
  • 取らぬ狸の皮算用。
  • ポカをしても不快な感情を避けて通るため、責任を回避する傾向

…などもあるようです。

トライン(120度)

月と木星がトライン(120度)の人は楽天的でしょう。

人が好く親切で、物事を裏読みせずに、何でも素直に受け取ることができます。

お客様

感情に屈折が無く、育ちが良い人が多いようです。

魔女っ子

長澤まさみさんが、このアスペクトを持ってますね。

楽天的で明るいムードがあります。

また、月と天王星もトラインですので「親近感」を感じさせる方です。

人気があるのも納得です。

オポジション(180度)

松村先生によると、月と木星がオポジションの人は…

  • うっかりした人
  • ぼーっとした人
  • 細かい事を見落としてしまう人
  • 個人として閉鎖性を保てない人

…のようです。

また、

  • 細かい部分を気にせず、気ままな気分が増大
  • 気分がコロコロ変わる
  • アバウトで無防備な性格

…などの傾向もあるようです。

しかし、これらが悪いわけではありません。

このアスペクトは、公的なことのために私生活を捨ててしまうこともできるようです。

ですので、先生、医者、看護師、宗教家などに良いとのことです。

まとめ

…いかがだったでしょうか?

月と木星のアスペクトは、細かい事を気にしないので、楽しそうですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。