西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

太陽は、あなたのもともとの「性格」を表しているわけではありません。

  • どういう方向に発展してゆくべきなのか?
  • どんな創造的なチャレンジをしてゆくべきなのか?

…あなたの【自己実現】を担っているのです。

そのため、「太陽×惑星」のアスペクトは、【自己実現】に関するテーマを表すことになります。

このコーナーでは、太陽と土星のアスペクトを解説して行きます。

「太陽」と「土星」のアスペクトは何を表す?

では、「太陽」と「土星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

自己実現にどう「現実力」が関わるか?

土星は、「社会性」や「常識性」など、お堅い力を使って現実を固めて行く星です。

一言で言うと、人に「現実力」を要求してくる星と言って良いでしょう。

太陽と土星のアスペクトは「自己実現にどう真面目さやお堅さが関わるか?」を表します。

「太陽」と「土星」の各アスペクトの意味

では、「太陽」と「土星」のアスペクトの意味を解説します。

太陽と土星のコンジャンクション(合)

太陽と土星がコンジャンクション(合)の人は、厳格、まじめ、禁欲的な人生を送りがちです。

もっと自由にやりたいのに、どうしても自分自身を制限してしまい翔べない…

そんな方も多いのでは?

魔女っ子

基本的に「●●しなければならない」と言う意識が強いかもしれません。

お客様

元ジャイアンツの桑田真澄さんが、このアスペクトを持ってます。

ほんとに、マジメな努力家なんですね。

太陽と土星のセクスタイル(60度)

太陽と土星がセクスタイル(60度)の人は、秩序正しく「自己実現」を推進してゆきます。

松村先生は「規則的に創造行為ができる」とおっしゃっています。

土星の「管理力」が、太陽の「創造力」に間接的に働くのです。

魔女っ子

たとえば、毎日1時間は欠かさずギターの練習をする

…とかです。

太陽と土星のスクエア(90度)

太陽と土星がスクエア(90度)の人には、葛藤があるでしょう。

自分の創造性にストップをかけられ、否定されるように感じることが多いかもしれません。

そういうわけで、権威に対して反抗的になる人もでてきます。

しかし、規制をかけられることで頑張れるケースもあります。

また、軌道修正をして、より確実な自己実現ができるとも考えられます。

ですので、悪いとは言えません。

魔女っ子

太陽と土星がスクエア(90度)の人は、

自分だけでなく、他人にもいちいち「軌道修正」を入れる人になるケースがあります。

もしかしたら、チェックばかりして、うるさい人もいるかもしれません。

太陽と土星のトライン(120度)

太陽と土星がトライン(120度)の人は、お堅い組織の中で成功しやすいでしょう。

「縦社会への順応力」があり、年長者とうまくゆきやすくなります。

土星は安定させる星ですから、自己実現は規則的で安定しています。

そのため、人生に乱れは少ないようです。

魔女っ子

しかし、冥王星などの外惑星がアスペクトを取るとこの限りではありません。

太陽と土星のオポジション(180度)

太陽と土星がオポジション(180度)の人は、「ルール意識」に縛られることが多いでしょう。

松村先生は「忠実に約束を守り、目的から脱線せず、非常に真面目なアスペクト」とおっしゃっています。

…禁欲的で自制心が強い方が多そうですね。

魔女っ子

禁欲を外に対して打ち出してゆくと、他の人にも「息苦しさ」を押し付けるようなケースも出てきます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

太陽と土星のアスペクトはやっぱりマジメですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。