西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

太陽は、あなたのもともとの「性格」を表しているわけではありません。

  • どういう方向に発展してゆくべきなのか?
  • どんな創造的なチャレンジをしてゆくべきなのか?

…あなたの【自己実現】を担っているのです。

そのため、「太陽×惑星」のアスペクトは、【自己実現】に関するテーマを表すことになります。

このコーナーでは、太陽と金星のアスペクトを解説して行きます。

 

「太陽」と「金星」のアスペクトは何を表す?

「太陽」と「金星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

自己実現にどう「魅力」が関わるか?

出生盤に限って言えば、太陽と金星は48度以上離れる事がありません。

ですので、アスペクトはコンジャンクション(合)のみとなります。

金星は当たりの柔らかい魅力の星です。

太陽と金星のアスペクトは「自己実現にどう魅力が関わるか?」を表します。

「太陽」と「金星」の各アスペクトの意味

では、「太陽」と「金星」のアスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

太陽と金星のコンジャンクション(合)の人は、人が好いと思います。

総じて、人あたりが良くシャイな方が多いでしょう。…可愛い方です。

松村先生は

  • 自己表現が柔らかい
  • 対人関係が大切な仕事であれば、人気をもたらす
  • 趣味的な要素を含んだ仕事に向いている

…とおっしゃってます。

ただし、「自主性」「自発性」を弱めることも

ただし、この配置は、金星の「穏和さ」や「柔らかさ」が、太陽の「自主性」「自発性」を弱めることがあります。

ですので、自己実現においてはマイナスになる可能性があります。

まとめ

…いかがだったでしょうか?

太陽と金星のアスペクトは、やっぱり何だか可愛いですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。