西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「月と火星のアスペクト」を解説して行きます。

「月」と「火星」のアスペクトは何を表す?

では、「月」と「火星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?




熱い感情

月は「感情」、火星は「自分を打ち出すエネルギー」の星です。

そういうわけで、月と火星のアスペクトは「熱い感情」を表します。

「月」と「火星」の各アスペクトの意味

では、「月」と「火星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

月と火星がコンジャンクション(合)の人は、「防衛的攻撃性」があるようです。

防衛的攻撃性とは、

  • 自分に対する妨害を、怒りを通して排除しようとする
  • 迷惑をかけられると、そこで初めて勇気を出す

…ということです。

魔女っ子

松村先生の書かれている事をまとめています。

また、松村先生は

  • だらしなく腐ることを嫌う
  • 生きの良いキッパリとした感情を持つようになる
  • 荒々しい面が加わる
  • 興奮しやすい

…ともおっしゃっています。

セクスタイル(60度)

月と火星がセクスタイル(60度)の人は、適度に「元気」で「活発」。

どのようなことにも機敏に反応でき、リアクションがはっきりしているようです。

スクエア(90度)

月と火星がスクエア(90度)の人は、急に興奮したり、落ち込んだり…

感情の落差が激しいケースがありそうです。

松村先生は、

  • 感情面・健康面で突発的な異変が多くなる
  • 衝動的にうっかり反応する
  • 感情の興奮がゆきすぎる
  • 気力が抜けて脱力したり、熱を出して寝込んだり

…とおっしゃってます。

ただし、良い面もあります。

月が表す「個人のテリトリー」を破る作用があるので、新しいエネルギーが入って来やすくなるのです。

トライン(120度)

月と火星がトライン(120度)の人は、テンポが良い人でしょう。

気分が常に前向き、勢いのあるキャラクター。

また、健康面や感情面で何かあっても、立ち直りが早い人のようです。

オポジション(180度)

月と火星がオポジション(180度)の人は「正義感」があり、他の人を熱くさせる力があると思います。

(特に「火の星座」がからむと、それが強い。)

ただし、エキサイトしやすいかもしれません。

お客様

すぐ「バトルモード」になる!?

松村先生によると、

月が関与すると「自動化」されるので、一瞬でカッとなるそうです。

軽はずみに感情が燃え上がり、勘違いしやすくなることがあります。

…思い当たる人は気をつけましょう。

魔女っ子

俳優の三浦春馬さんが、ほぼこのアスペクトになりますね。

月は獅子座で「火の星座」です。

三浦さんは、火のような正義漢だったかもしれません。

自分の中の悪や、周りの悪と戦っていた…

TV画面では、そう見えないかもしれませんね。

ですが、私生活では、そういう言動を抑えきれないタイプだったかもしれません。

私は、三浦さんがスキだったので、早逝されたことがほんとうに残念でなりません。

フォークシンガーのジョーン・バエズも、月と火星がオポジションを持ってます。

(火星が「射手座」)

ジョーンは「フォークの女王」と呼ばれ、60年代に大人気でした。

彼女の歌は、人を奮い立たせます!

まとめ

いかがだったでしょうか?

月と火星のアスペクトは、かなり熱いですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。