西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「金星と火星のアスペクト」を解説してゆきます。

金星と火星のアスペクトの意味

金星は、

  • 楽しみの発見
  • 情感や官能
  • 感受性(どんなものをイイと感じるか)
  • 女性的なもの

…などを表しています。

では、金星と火星のアスペクトはどんな意味になるのでしょうか?

男女関係・官能的エネルギー

金星は「女性・情感・官能」、火星は「男性・行動力・チャレンジ」などを表します。

そのため、このアスペクトは、

「男女関係・官能的エネルギー」を表わすと言って良いでしょう。

金星と火星の各アスペクトの意味

では、金星と火星の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

金星と火星がコンジャンクションの人…

「男性エネルギ-」と「女性エネルギ-」が合わさっているので、華やかなアピ-ル力のある人が多いでしょう。

魔女っ子

異性を惹きつけ、また、男女関係が派手になる人もいます。

しかし、それだけでなく、

  • 音楽
  • 舞踏
  • 芸術

…などに熱中する人も多いようです。

芸術も「男性エネルギ-」と「女性エネルギ-」のスパークと言えるからです。

セクスタイル(60度)

金星と火星がセクスタイルの人…

「男性エネルギ-」と「女性エネルギ-」が協力的に働きます。

風と火、あるいは、水と土の関係なので、違う要素でありながらもお互いを助け合うことができます。

魔女っ子

「いつまでも飽きない男女関係」などを表すこともあるようです。

スクエア(90度)

金星と火星がスクエアの人…

衝突の多い男女関係を表します。

しかし、自分に足りないものを気づかせてくれるので、「自分自身を成長させてくれるアスペクト」とも言えます。

魔女っ子

最終的には「調和」を手に入れることができそうですね。

トライン(120度)

金星と火星がトラインの人は、「温和」で「平和的」な男女関係をつくることができそうです。

刺激は少ないですが、安定した関係となります。

オポジション(180度)

金星と火星がオポジションの人…

オポジションは、常に相手に働きかける作用があります。

このアスペクトの方は、男性が女性に、女性が男性にアピールする形となります。

異性に対し、とてもアピール度が強い配置と言えます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

金星と火星のアスペクトの人…

男女関係だけでなく、音楽などの芸術にも良さそうですね(///ω///)♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。