西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「火星と冥王星のアスペクト」を解説してゆきます。

「火星」と「冥王星」のアスペクトの意味

火星は、

  • チャレンジ
  • 行動力
  • 攻撃力
  • 熱・活気

…などを表しています。

では、「火星と冥王星のアスペクト」は、どんな意味になるのでしょうか?

ダイナミックさ・バイタリティー・破壊力

火星は「行動力・チャレンジ」、冥王星は「未知の力・根底の力・破壊的な力」などを表します。

そのため、このアスペクトは、

  • 極端な行動
  • 破壊的な行動
  • ダイナミックさ

…などを表わすと言って良いでしょう。

「火星」と「冥王星」の各アスペクト

では、「火星」と「冥王星」のメジャー・アスペクトを解説します。

コンジャンクション(合)

「火星」と「冥王星」がコンジャンクションの人…

冥王星の「極端なパワー」が、火星のリミッターを外してしまいます。

ですので、普通の人だと「やばいな」と思うようなことが、この人にとってはデフォルトです。

危ないことを平気でやってしまう…そんな人かもしれません。

松村先生は、

  • 体力と気力の極限までゆくと深いエネルギーに接続される 、(その結果)ぎりぎり、すれすれ、あるいはその先までやってしまう
  • 活力を徹底して使う仕事や趣味に取り組むとリラックスできる
  • 平和な日常の中では力を持て余す

…とおっしゃってます。

魔女っ子

女性の場合は、

「強引」あるいは「暴力的」な男性との関係がでてくることもあるようです…(*_*)

セクスタイル(60度)

「火星」と「冥王星」がセクスタイルの人…

冥王星のバイタリティーが協力的に働きます。

ですので、この配置の人が必要な時には、力強いパワーを発揮することができます。

また、冥王星を「再生力」ととらえると、必要な時に、パワーチャージ(回復)することが可能です。

魔女っ子

回復力は別のところからやってくるので、

今やっていることと違うことをして、気分転換をはかると良いようです。

スクエア(90度)

「火星」と「冥王星」がスクエアの人…

破壊的な形、いきすぎな形で「極端なパワー」が作用します。

松村先生は

  • 偏った攻撃性(自分の嫌いなものは根絶する)
  • 良く怪我をする
  • 異様なハードワークを好む

…などを挙げておられます。

もちろん、必ずそのように出るわけではなく、「まったく挑戦意欲がない」という形で出ることもあるそうです。

魔女っ子

また、女性の場合、男性に対し、この配置を投影する場合があります。

そうすると、「極端なことをする男性」とばかりつきあう可能性もあります。

トライン(120度)

「火星」と「冥王星」がトラインの人は、常に安定的に、冥王星のパワーが働いています。

とは言え、やっぱり「働き過ぎ」「やり過ぎ」の気は多そうです。

また、冥王星には「再生力」「修理力」があります。

ですので、人生でどのようなことがあっても結局は立ち直ることになるようです。

魔女っ子

ただし、火星は「突破する」天体ですので、たとえば、復縁のように元のサヤに収まるわけではありません。

新たな人と出会うパワーを授かる・・・という形になりそうです。

松村先生は

「倒れても倒れても立ち上がるアスペクトと思えば、そう遠くない」

…とおっしゃってます。

オポジション(180度)

「火星」と「冥王星」がオポジションの人…

オポジションは、常に働きかける作用があります。

冥王星は、この世界に「異物的」なエネルギーをもたらすものです。

ですので、何かといえば「普通ではないこと」「危ないこと」をやらかしそうです。

松村先生は

  • 和を乱すようなものをもたらす
  • 離反的な行動というのをしないはずがない
  • 冥王星が表す世代の特質を代弁するかのように、行動面で切り込んで行く

…とおっしゃっています。

魔女っ子

また、このアスペクトの人は、徹底してとことん取り組まないと「パワー」がでないようですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

「火星」と「冥王星」のアスペクトの人…

良くも悪くも、荒々しくパワフル!

いいですね~(///ω///)♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。