2020年の1月中旬…

土星と冥王星が「コンジャンクション」になりますね(>_<)

これは、約35年に一度起きるビッグイベントらしいですヨ。

魔女っ子

「コンジャンクション」(合)とは、惑星同士が近くにくっつくことを言います。

…つまり、地球から見て、 惑星同士の角度が、ほぼ「0度」に近い状態です。

2020年、土星と冥王星の「コンジャンクション」!

「コンジャンクション」は、極端な状況を招きやすいです。

しかも、

  • 冥王星は「破壊・変革」
  • 土星は「社会体制の維持・管理」

…です。

何かスゴイことが起きそう!

「周期の遅い星」(冥王星)は、「周期の早い星」(土星)に圧力をかけます。

と言うことは…

土星は、秩序正しく無難に収めたいのに、冥王星がそれをぶっ壊そうとする?

ギャー(/・ω・)/

…これは、2020年に、何かスゴイことが起きそうですね。

社会も個人も、「根底から」変わらざるを得ない!?

では、どういうことが起きるのか?予想してみます。

私の予想は、

  • 社会の「根本的な変革」
  • 意識の「根本的な変革」

…です。

これが【強制的に】引き起こされてくるのでは?と感じます。

「社会」も「個人の意識」も、根底から変わらざるを得ない(*_*)

 そんな感じですね。

サビアンシンボルは「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」

では、「コンジャンクション」が起こる度数のサビアンシンボルを見てみましょう。

度数は「山羊座」の23度

サビアンシンボルは「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」です。

サビアンシンボルとは、簡単に言うと、

12星座の中の「360度」…その一つ一つの「度数の意味」を明らかにしたものです。

サビアン・シンボルとは?

「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」をどう読む?

では、この「サビアンシンボル」をどう読めばよいでしょうか?

独断と偏見をまじえて読んでゆきますね(;^ω^)

もしかして、第3次世界…(*ノωノ)キャ-

「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」…

単純に感じるところでは、 戦争という単語が「怖いなぁ~」と思います。

今まで、日本は戦争を回避してきたのですが…

もしかして(*ノωノ)キャ-.

でも、このシンボルを「悲観的」に読むのはやめましょう。

2020年からは、競争を「続ける人」「やめる人」に2極化する?

山羊座の23度「戦争での勇敢さをたたえる2つの賞」…

松村先生によると、このシンボルは

  • 「競争に勝つ力」
  • 「そこから降りる力」

…の両方を表しているとのことです。

このことから、 2020年からは「競争を続ける人」と「やめる人」、それが2極化する。

そう読めると思います。

今までは、ムリヤリ競争させられていたような気が…

思えば、今までの社会は…

「もっと豊かに」 「もっとリッチに」 という価値観ばかりだったように思います。

「もっとお金を儲ける」ため、ムリヤリ競争させられていたような… そんな気がします。

これからは、競争を「続けるか」「やめるか」選択を迫られる?

しかし、2020年の土星と冥王星の「コンジャンクション」によって、

そんな不毛な競争からドロップ・アウトする人が多くなるのでは?

そして、誰もが、競争を「続けるか?」「やめるか?」…

二つに一つの選択を迫られるような、強烈な体験をすることになるのではないでしょうか?

まとめ

いやあ~土星と冥王星の「コンジャンクション」… 楽しみですね。

もちろん、魔女っ子は「不毛な競争」なんてまっぴらゴメンです。

魔女っ子

疲れることはキライだよ(*>д<)

ですので、すでに競争からは降りてます^^

2020年、皆さんはどんな選択をしますか?