西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「水星と土星のアスペクト」を解説してゆきます。

「水星」と「土星」のアスペクトの意味

水星は、

  • 知性
  • 言語力
  • 工夫する力
  • コミュニケーション能力
  • 実務能力

…などを表しています。

では、水星と土星のアスペクトはどうなるでしょうか?

実用的な知性

水星は「知性・能力」、土星は「実用性・手堅さ」などを表します。

そういうわけで、水星と土星のアスペクトは「実用的な知性」や「手堅い能力」を表わすと言って良いでしょう。

「水星」と「土星」の各アスペクトの意味

では、「水星」と「土星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

水星と土星がコンジャンクション(合)の人は、一つのことをしっかり極めることができるでしょう。

職人、専門家、学者などに向いています。

また、松村先生によると「判断の誤りや早合点を恐れるので、即断即決がなかなかできない」…とのことです。

セクスタイル(60度)

水星と土星がセクスタイル(60度)の人…

松村先生によると「要求されて発揮される専門技術」とのことです。

自分からというよりは、求められた時に働く力のようです。

スクエア(90度)

水星と土星がスクエア(90度)の人は、勉強しても習得が遅いなど、「学習の停滞」があるかもしれません。

魔女っ子

スイスイと勉強していたかと思うと、「まてよ…」と土星からストップがかかるのです。

しかし、そんな「オン・オフ」を繰り返しながら、継続して取り組むことができるようなので、問題はありません。

ただし、若干ですが、性格的には

  • ネガティブに考え過ぎる
  • 慎重過ぎる
  • コンプレックスを持ちやすい

…などがあるかもしれません。 

トライン(120度)

水星と土星がトライン(120度)の人は、安定した知的能力を発揮できます。

規則的に、そして、計画的に知的作業を進めてゆきます。

魔女っ子

「業務を予定期日までに仕上げる」というような能力にも秀でるでしょう。

オポジション(180度)

水星と土星がオポジション(180度)の人…

松村先生は

このアスペクトは学者的な仕事の人には大変に多く、言葉の一つでも間違いがないように、慎重になる。

…とおっしゃってます。

魔女っ子

学者や研究者などに向いているアスペクトのようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水星と土星のアスペクトがある人は、「知的作業ができる人」なのでしょうネ。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。

他の星のアスペクトを調べたい方は、ホロスコープのアスペクト【一覧】をご覧ください。

松村潔先生著「アスペクト解釈大事典」レビュー!占い師さん必携の【虎の巻】