西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「水星と天王星のアスペクト」を解説して行きます。

「水星」と「天王星」のアスペクトの意味

水星は、

  • 知性
  • 言語力
  • 工夫する力
  • コミュニケーション能力
  • 実務能力

…などを表しています。

水星と天王星のアスペクトは、どのような意味になるのでしょうか?

アイデア度・奇抜度

水星は「知性」、天王星は「常識に囚われないグローバルな視点」を表します。

そのため、水星と天王星のアスペクトは、「優れたアイデア・常識を超えた発想」などを表わすと言って良いでしょう。

「水星」と「天王星」の各アスペクトの意味

では、「水星」と「天王星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

水星と天王星がコンジャンクション(合)の人は、物事を客観的に観察する才能があります。

また、突然、何か「斬新なアイデア」を思いつくなどもありそうです。

松村先生は

宇宙的なところからダウンロードするという脳力を練習してみると良い。

…とおっしゃってます。

セクスタイル(60度)

水星と天王星がセクスタイル(60度)の人…

情報を、遠いところから、あるいは、分野の違うところから取り入れ、活用してゆく才能があるようです。

松村先生は「仕事などで、友人や知人の助けを受けることができる」とおっしゃってます。

スクエア(90度)

水星と天王星がスクエア(90度)の人は、考え方や言動にかなり「飛躍」のある人が多そうです。

情緒的なコミュニケーションをバッサリ斬ってしまう…そんな言動をする人が多いようです。

魔女っ子

「突飛な人」と思われる可能性がありますね。

松村先生は

  • 天王星の影響が最も極端に働く
  • 平凡な事柄に興味を抱かない
  • 平凡な教育や知性のあり方に悪意さえ抱いている場合も…
  • しかし、冴えているため説得力がある

…とおっしゃっています。

魔女っ子

ジャーナリストの木村太郎さんが、このアスペクトをお持ちですね。

マスコミの”主流派”とは「違った見方」を提示してくれる人です。

水星が「水瓶座」だというのもあるでしょう。

非常に冷静で、説得力があります。

トライン(120度)

水星と天王星がトライン(120度)の人は、ほどよい自由性と、公平な知性があります。

松村先生は

常に広い視点から考えようとするので、(この人の)意見を参考にしたいという人は多いでしょう。

…とおっしゃってます。

オポジション(180度)

水星と天王星がオポジション(180度)の人は、常に「現実の壁」を壊そうとするようです。

「いつも常識を踏み破りたい!」

…そんなことはないでしょうか?

松村先生は

  • 一度話し始めると暴走して止まらない
  • 時間の制限の枠を越える(時間を守らない?)
  • 神経パニックが生じると止まらない
  • 疲れると異常言動になる

…などの人もいる、とおっしゃってます。

魔女っ子

あくまで「そういう人もいる」という話です(;^ω^)

でも、私の知ってる人で、家族への罵倒が止まらない人もいます。

お客様

漫談で人気の「綾小路きみまろ」さんがこのアスペクトを持ってますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水星と天王星のアスペクトの人は、常識に縛られない思考をしそうで、楽しそうですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。