西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「月と金星のアスペクト」を解説して行きます。

「月」と「金星」のアスペクトは何を表す?

では、「月」と「金星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

人気運・社交性

月は「普段の自分」、金星は「楽しさ」や「人気」を表します。

つまり、月と金星のアスペクトは「人気運や社交運」を表わすと言って良いでしょう。

「月」と「金星」の各アスペクトの意味

では、「月」と「金星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

月と金星がコンジャンクション(合)の人は、サービス精神があります。

他人に不快感を与えない、「好感度大」の人が多いでしょう。

松村先生は、このアスペクトの人は、

  • かわいらしい印象
  • 年齢より若く見える
  • 人に和やかさを与え、感じが良い

…とおっしゃっています。

セクスタイル(60度)

月と金星がセクスタイル(60度)の人は、良好な対人関係を築けるでしょう。

魔女っ子

「バランスの良い社交性」を持つ人です。

スクエア(90度)

月と金星がスクエア(90度)の人は、現状に満足できない傾向があるかもしれません。

松村先生は「金星は自分の分に落ち着く事を嫌い、いつも外に期待してあきらめない」とおっしゃっています。

一方、月は自分の分に閉じこもろうとしますので、金星との分裂が生じます。

すると、自分の生活に満足せず、いつも豊かさを求める「ぜいたくな人」になる可能性があるというわけです。

魔女っ子

「社交性」という点でいえば、

  • 親密な相手
  • あまり深入りしない相手

…というように、付き合う相手が「二極化」する可能性もあるかもしれません。

トライン(120度)

月と金星がトライン(120度)の人はイイ人が多いようです。

初対面から好印象で、誰からも好かれそうです。

松村先生は

  • 好みに矛盾がなく、いつ見ても同じ態度
  • 親しみやすく、愛想良いキャラクター

…とおっしゃってます。

オポジション(180度)

月と金星がオポジション(180度)の人は、愛情に関して、他人にへの働きかけが強いようです。

多くの人に愛想を振りまくことになるかもしれません。

松村先生によると、

  • 私生活を隠さない
  • 私生活を飾り、オープンにする

…という人にもなるようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

月と金星のアスペクトは、なんか「好感度」を表すような気がしますね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。