西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「金星と木星のアスペクト」を解説してゆきます。

金星と木星のアスペクトの意味

金星は、

  • 楽しみの発見
  • 情感や官能
  • 感受性(どんなものをイイと感じるか)
  • 女性的なもの

…などを表しています。

では、金星と木星のアスペクトはどんな意味になるのでしょうか?

華やかさ・社交性

金星は「楽しみ・情感・官能」、木星は「発展・拡大・増幅」などを表します。

そのため、このアスペクトは、

「華やかさ・社交性」などを表わすと言って良いでしょう。

魔女っ子

楽しいこと、気持ちいいことを拡大したいわけですね(*^^*)

金星と木星の各アスペクト

では、金星と木星のメジャー・アスペクトを解説します。

コンジャンクション(合)

金星と木星がコンジャンクションの人…

金星を「楽しみ」や「自己表現」ととらえると、木星はそれを増大させることになります。

そのため、自己表現が、屈託なく大げさなものになりやすいでしょう。

魔女っ子

楽しく、明るく、華やかな人になりそうですね(#^^#)

松村先生は、

  • 社交的な場で大変に目立つ 人前に堂々と出す
  • 見せるための魅力に通じる 豪奢な趣味になりやすい

…とおっしゃっています。

セクスタイル(60度)

金星と木星がセクスタイルの人…

「楽しみ」と「拡大」が協力的に働きます。

そのため、自分が楽しむこと(趣味・嗜好など)が、色々な形で発展してゆきそうです。

魔女っ子

また、木星を「流行」と捉えると、流行に影響を受けやすい人とも読めます。

松村先生は、

  • 社会で何かが流行すると、それをそのまま個人的な楽しみとして受け取る
  • 世の中の流行の変化に伴い、自分の好みが変化してゆく

…とおっしゃっています。

スクエア(90度)

金星と木星がスクエアの人は、 金星の「楽しみ」を過剰に増幅します。

ですので、身の丈以上に自分を見せようとしたり、贅沢をしてしまったりするかもしれません。

トライン(120度)

金星と木星がトラインの人…

金星の「情感」を、屈折なくストレートに広げてゆきます。

屈折がないので、見方によっては平凡に見えるかもしれません。

ですが、明るく健康的で、常識感覚のある人になるようです。

オポジション(180度)

金星と木星がオポジションの人…

オポジションは常に相手に働きかける作用があります。

自分の「趣味」「嗜好」「美意識」などを外に向けて見せてゆきます。

魔女っ子

たくさんの人に向けて、自分のセンスをお披露目することになりそうです。

松村先生は、

  • どんなことにも物おじしない
  • ぜいたくな品物で身を包む
  • 派手なアクションで振る舞う
  • おしゃべりで黙っていない

…という人もいる、とおっしゃっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

金星と木星のアスペクトの人…

華やかな人が多そうですね(///ω///)♪

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。