本日は、占星術のサビアンシンボル「29度」について考えてみたいと思います。

松村先生によると、29度は「価値の比較」という数字のようです。

サビアンシンボルとは?

まず、最初にサビアンシンボルについて説明します。

サビアンシンボルとは、簡単に言うと、1つの星座を30等分し、1度づつの意味を出したものです。

たとえば…

  • 牡羊座1度…「女性が水から上がり、アザラシも上がり彼女を抱く」
  • 牡羊座2度…「グループを楽しませているコメディアン」
  • 牡羊座3度…「彼の祖国の形をした男の横顔の浮き彫り」

…など

牡羊座~魚座まで「合計360個」の意味が出てきます。

星座(サイン)の29度は「価値の比較」!

今回、考察するのは、サビアンシンボルで29度にあたるシンボルです。

サビアンシンボル29度
牡羊座29度 天球の合唱隊が歌っている
牡牛座29度  テーブルの前の2人の靴職人
双子座29度 春の最初のモズ
蟹座29度 現代の少女ポカホンタス
獅子座29度 人魚
乙女座29度 読んでいる書類から秘密の知識を得る男
天秤座29度 互いの知識の範囲に橋をかける方法を模索する人類
蠍座29度  首長に自分の子供たちの命ごいをするインディアンの女性
射手座29度 芝を刈る太った少年
山羊座29度 お茶の葉占いをしている女
水瓶座29度 さなぎから出てくる蝶
魚座29度 プリズム

今までのサインの価値を、まとめて判断する

松村潔先生の「ディグリー占星術」によると、29度は「価値の比較」となっています。

29度は20と9に分けると、

  • 20=環境に振り回されない
  • 9=サインなりの哲学

…と言うことのようです。

環境から自由になり、自分の考えを確立するわけですね。

松村先生は、

  • 29度の性質としては、そろそろ次のサインに移動する状態。
  • 今までのサインの価値をまとめて判断するような働きが生まれる。

とおっしゃっています。

「新世界」と「旧世界」の間で葛藤する

また、『愛蔵版サビアン占星術』では、

29度は、常に新世界と旧世界の間で葛藤する度数。

…と書かれています。

29度は、新旧サインを比較し、葛藤した末、古い環境から自由になり始めるわけですね。

と言うわけで、29度は「価値の比較」となります。

お客様

ちなみに、この記事は、松村潔先生の「ディグリー占星術」と「愛蔵版 サビアン占星術」を参考にさせて頂いてます。

サビアンシンボル「29度」各サインの意味

では、各サビアンシンボルの意味をまとめておきます。

牡羊座29度「天球の合唱隊が歌っている」

自分と言う存在を取り巻く宇宙的な力を感じ、その中に溶けてゆく

牡羊座は、28度「落胆させられた大聴衆」で、社会の雰囲気に支配されるのではなく、真に自分の人生を歩むために、その他大勢の聴衆の期待を裏切りました。

29度「天球の合唱隊が歌っている」では、社会的なものを超え、自分という存在を取り巻く宇宙的な力を感じ、その中に自分が溶けてゆくのを感じます。

松村先生は

  • 牡羊座の中には、常に自分に自信がなく、ある種の欠乏感がつきまとっている人も多い。
  • それは環境に自分がまだ受け入れられていないのではないかという疑念から来ている。
  • とうてい解決することができないと思われていたそんな不安は、ここで拭い去られる。

…とおっしゃっています。

牡羊座29度「天球の合唱隊が歌っている」では、宇宙的な力に更に関心が向かい、自分が関わっている環境の全てを感じ、その中に意識が広がってゆきます。

このサビアンシンボルの人は、「眼に見えないムード」や「座の空気」などを鋭く察知することもできそうです。

松村先生は、

言葉や理性よりも、音や波動とまわりの環境を感じ取れるので、他の人より非常に深い喜びを味わうことのできる人。

・・・とも、おっしゃってます。

牡牛座29度「テーブルで働いている2人の靴職人」

新しさへの憧れと、古い伝統への愛着で揺れ続ける

牡牛座は、27度「ビーズを売るインディアンの女」で、自分の属している共同体の産物を売ることに安住していました。

ですが、28度「成熟したロマンスで求められた女」で、その縛りから解き放たれ、人生を力強くリフレッシュしたくなりました。

牡牛座29度「テーブルの前の2人の靴職人」では、常に新しさへの憧れと古い伝統への愛着で揺れ続けることになります。

自分の感覚のまま生きる(牡牛座)のか?新しい視点を試す(双子座)のか?

…この価値の比較が為されます。

このサビアンシンボルの方は、商品やものに対しての評価能力が発達してくるようです。

松村先生は

このサビアンシンボルは「視点を変えると古いものにも新しく取り組むことができる」という、再評価の力に関係するシンボル。だが、過去への執着を処理しにくい度数でもある。

・・・とおっしゃってます。

双子座29度「春の最初の百舌鳥(モズ)」

集団の感情をキャッチして、それを表現してゆく

松村先生は

「双子座」は個人の活動を表し、次の「蟹座」は共感を元に集団の結束を作りだす。

・・・とおっしゃっています。

双子座29度「春の最初の百舌鳥」では、この両方の価値の比較が為され、結果的に「出来る限り多くの人にアピールする個人」という力を発揮することになるようです。

集団の感情をキャッチして、それを表現してゆきますので、マスコミ、芸人、流行的な職業で成功しやすくなります。

ただし、逆に流行にも振り回されてしまうようです。

蟹座29度「双子の体重を計るミューズ」

対立したものの中間で総合的に判断する

蟹座29度「双子の体重を計るミューズ」は、これまでの蟹座の価値観と、これからやってくる新しい価値観の間にあります。

ですので、二つの価値観を天秤にかけ、正しい判断をできるのです。

蟹座の「古い伝統やファミリー的なものへの愛着」、獅子座の「独立心や創造意欲」

…など、対立したものの中間にいて、総合的に判断することが可能です。

冷静に判断することができるので、人の相談に乗ることもできます。

ただし、松村先生によると、蟹座の特性により、頭脳的な判断ではなく「直感的な判断」になるようです。

獅子座29度「人魚」

創造衝動を、はっきりした作品や形にしようとする

獅子座29度「人魚」は、獅子座の創造性と乙女座の造形力の比較が為され、創作活動で才能を発揮できるようです。

人魚は、下半身が「魚=無意識」とすると、上半身は「人間=形」となります。

つまり、無意識の衝動を形あるものに表現してゆくことに関係があります。

そのため、このサビアンシンボルは、創造衝動を「はっきりした作品や形」にしようとするようです。

松村先生は

  • 獅子座28度「大きな木の枝にとまるたくさんの小鳥」は、さまざまな思いつきを表していた。
  • それらの思いつきは霧散しやすく、元来まとまった形で表現されるわけではない。
  • しかし、地のサインである乙女座の影響が入り込むと、はっきりした作品や形にしようとするこだわりが出てくる。

・・・とおっしゃってます。

乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男 」

文の「行間」にある真実をつかもうとする

乙女座29度「読んでいる書類から秘密の知識を得る男 」では、乙女座の「地」と天秤座の「風」の比較が為されます。

地は「モノ」、風は「情報」と言えます。

その結果、目の前にあるモノではなく、そのモノの周囲に漂う空気から、その真意を読むことができるようになってきます。

読書で言えば、文の行間を読める人です。

松村先生は

このサビアンシンボルの人は「書類」という乙女座的手段、すなわち言葉にされたものにこだわり、その行間の真実をつかもうと努力している。書物の中で書物に描き得ないものを探す。

・・・とおっしゃっています。

天秤座29度「互いの知識の範囲に橋をかける方法を模索する人類」

すべての考え方や思想に「共通する知恵」を開発しようとする

天秤座29度「互いの知識の範囲に橋をかける方法を模索する人類」では、天秤座の「風」と蠍座の「水」の比較が為されます。

「風=知識」「水=統合」ですので、知識を統合することに関係するようです。

このサビアンシンボルの人は、「文明」などの大きな範囲のことを考え、その共通点を探すことに興味を持ったりするようです。

人類が持っている「共通の意志」や「普遍的な哲学」など、大きなマクロ的な視点を持つことになります。

松村先生は、

特定の考え方に没入してそこから出ようとしない乙女座と違って、すべての考え方や思想に共通する知恵を開発しようとする。異なる複数のものを統合する場合「共通点は何か?」に思い至る。

・・・とおっしゃってます。

魔女っ子

イチロー選手が、このサビアンシンボルですね。

なんか、哲学的な感じがする人です。

蠍座29度「首長に自分の子供たちの命ごいをするインディアンの女性」

慣れ親しんだ古い世界や、人間関係から離れなければならない

蠍座29度「首長に自分の子供たちの命ごいをするインディアンの女性」では、蠍座の「水」と射手座の「火」の比較が為され、そこに葛藤が生じます。

蠍座の「水」と言う圧縮された世界から、射手座の「火」と言う自由に上昇する世界に移行しようとします。

ですが、インディアンの首長は、なかなかそれを認めてくれないと言うわけです。

このサビアンシンボルの人は、慣れ親しんだ古い世界や人間関係から離れなければなりませんが、なかなかうまく行かないことがあるようです。

松村先生は

もう射手座に移動しなくてはならないが、そのためには強い愛着のある共同体から去らなくてはならないという現実に直面しなくてはいけない。過去に残してきた問題などに引きずられやすいことが多いようだ。

・・・とおっしゃってます。

射手座29度「芝を刈る太った少年」

自分が持っている知識や教養の中で、実際的に貢献できることをし始める

射手座29度「芝を刈る太った少年」では、射手座の「火」と山羊座の「地」の比較が為されます。

射手座の表す「知性や教養」を、山羊座が表す「現実世界」に落とし込もうとするわけです。

松村先生は、

実際の社会活動の中に今までの精神性を活かす必要がある。なので、自分が持っている知識や教養の中で、実際的に貢献できることは何かを考え始める。

・・・とおっしゃってます。

そのためには、あまり実社会では役に立たなかった教養や思想をシェイプアップする必要があります。

山羊座29度「お茶の葉占いをしている女」

グローバルな視点でローカルな社会を評価・判断する

山羊座29度「お茶の葉占いをしている女」では、山羊座の地(ローカル)と水瓶座の風(グローバル)の比較が為されます。

このサビアンシンボルの人は、グローバルな視点でローカルな社会を評価・判断することができるようです。

現代社会を批評したり、社会の行く末を予知したり、他の人にアドバイスをすることができるでしょう。

松村先生は

たとえば、外来文化を知った人が国内の文化を批評する場合、自国のことしか知らない人に比較して、より客観的な判断ができる。

・・・とおっしゃってます。

「お茶の葉占い」ですから、神秘的なもの、霊感などを使うことも多いでしょう。

水瓶座29度「さなぎから出てくる蝶」

共鳴や共感をしていた人々から決別し、一人立ちする

水瓶座は、28度「倒されのこぎりで切られた木」で、今まで自分を助け、育んでくれていた環境から切り離され、独立しました。

これは、「共時性」から離脱することを表します。

ローカルな環境や人間関係に縛られることがなかった水瓶座ですが、実は、《共時性》と言う仲間との精神関係には頼っていました。

水瓶座29度「さなぎから出てくる蝶」では、28度で共鳴や共感をしていた人々との絆から決別した後、一人立ちしようとします。

松村先生は

  • 堅いさなぎから蝶がはい出すには、苦しいチャレンジが繰り返される事が必要
  • 家族との縁を切り、求道生活に参加するという出家的な生き方を選ぶ人も多い

・・・とおっしゃってます。

魚座29度「プリズム」

宇宙法則に照らし合わせ、自分自身を整理してゆく

魚座は、28度「満月の下の肥沃な庭」で、根源の宇宙原理のようなものに触れる体験をしました。

魚座29度「プリズム」では、その宇宙原理(7つの光)に沿って、自分の今までの生き方を整理してゆくようです。

魔女っ子

宇宙的な発展力は、この「プリズムの原理」に集約されているようです。

音楽のオクターブの法則も同じだそうです。

松村先生は、

自分の体験的・魂的な体験を「純粋な宇宙法則」と照らし合わせて、改めて自分の働きや構造を整理してゆく。

・・・とおっしゃっています。

まとめ

…と言うわけで、ホロスコープの29度は、「価値の比較」です。

魔女っ子

この記事は、松村潔先生の本を参考にさせて頂いてます。

  • 度数の意味は「ディグリー占星術」
  • サビアンシンボルの意味は「愛蔵版 サビアン占星術」

…がオススメです。

※どちらも占星術「中級者」向けです。

お客様

他の度数のサビアンシンボルを調べたい方はコチラ!