占星術では「太陽」を重視しています。

今回は、ホロスコープの太陽の、

  • 意味
  • 役割
  • 働き

…などを、お知らせしますね(#^^#)

ホロスコープの「太陽」の意味・働き

占星術では、太陽は「主体性」を表す

占星術では「太陽」は何を表していますか?

太陽は自ら発光する天体です。

ほかの惑星は太陽の光を反射しているだけです。

「光」を発していると言う点においては唯一主体性があります。

このため占星術では、太陽は「自分の意志」や「目的」といった主体性を表すと言えます。

太陽は、ホロスコープの主人公!?

なぜ、占星術では「太陽」を重視するのですか?

もし、太陽の光がなければ、惑星は全て見えなくなり、 暗黒宇宙になってしまいます。

ですので、太陽はあなたのホロスコープに生命を与える「主人公」といえるのです。

だからとても大事なのです。

12星座占いは、なぜ「太陽」で占うのか?

12星座占いは、なぜ「太陽の星座」で占うのですか?

まず第一に、太陽はその人の運命の中心を担っているということがあります。

ですので、太陽が重視され、太陽で運命を鑑定する「12星座占い」が出来上がったのです。

「太陽星座」は、生年月日で簡単にわかるそうですね?

そうです。

太陽の動きは「地球の1年の動き」とリンクしています。

ですので、生年月日によって簡単に「太陽星座」が判明するのです。

つまり、わざわざホロスコープを作成しなくても、生年月日で太陽の星座がわかってしまうのです。

そのため、占いをするのに非常に便利なのです。

そういうこともあり、太陽で占う「12星座占い」が出来上がったのです。

 太陽の働きは、「社長」!?

「太陽」は、具体的にはどういう働きをしていますか?

太陽は、あなたの人生の「方向性」や「目的」を決定する最高指揮官です。

あなたの運命の「統括」をしていると言えます。

あなたを1つの「会社」だと仮定すると、太陽は「社長」となります。

 「太陽」の働きが弱いとどうなる?

「太陽」の働きが弱いとどうなりますか?

「太陽」の働きが弱いと、ホロスコープ上の弱点が出やすくなります。

「太陽」=「社長」の力が弱るわけですから、「あなた」という会社の運営に色々と支障をきたすわけです。

ホロスコープ上の弱点とは?

ホロスコープ上の弱点とはどういうものですか?

色々とありますが、代表的なものでは、やはり角度(アスペクト)の悪さでしょう。

例えば、「太陽」と「冥王星」の角度が悪いということは、 社長(太陽)と金主(冥王星)との関係がうまくいってない、というようなものです。

こういう状況では、 社長(太陽)のパワーが弱いと、 いつ金主(冥王星)から

「今すぐ全額カネ返せ」

と脅されるかわかったもんじゃありません。

角度(アスペクト)が悪いと、その星同志の共同作業がうまくゆかなくなるのです。

太陽と各惑星の関係は?

太陽と各惑星の関係はどのようなものですか?

あなたを、一つの「会社」に見立てると 太陽は(社長)です。

各惑星も色々な部署になぞらえることが可能です。

もっともわかりやすく単純化すると、以下のようになると思います。

魔女っ子

あくまで、初心者向けにわかりやすく考えた場合ですヨ。

各太陽星座の「意味」と「役割」

もちろん、各太陽星座には意味と役割があります。

以下からご覧になれます(///ω///)♪