こちらの記事は「月の特長・謎・不思議」からの続きとなります。

今回は、「占星術における月の意味」を考えてみたいと思います(^◇^)

月の占星術的意味

占星術の初心者の方は、「月」をどう読んだら良いのか?

…わからない方もいらっしゃると思います。

そこで、月の「占星術的な意味」を簡単にオサライしておきましょう。

1.月は、人が一番ナチュラルになれる時を示す

月は、その人が「一番ナチュラルになれる時」を示しています。

例えば、月星座が以下の方は、こんな時が自然な状態です。

  • 月星座「天秤座」…色々な人と関わっている時
  • 月星座「牡羊座」…自分一人で好きな事をやっている時
  • 月星座「蠍座」…特定の人と深く関わっている時
  • 月星座「双子座」…知識や情報を集めている時

それぞれの月星座の人は、上記のような時、「ホッ」とリラックスできます。

リラックスしてる時に「月星座」の作用が出てくる

また、逆に言うと

リラックスしていると、月星座の性質がでてきます。

魔女っ子

たとえば、太陽星座が「山羊座」、月星座が「牡羊座」の人がいるとします。

この方は、普段、会社ではしっかり者かもしれません。

しかし、帰宅してリラックスすると、一人でショッピングに出かけ、なかなか帰ってこないかもしれません。

(牡羊座の放浪グセが出てきます)

このように、リラックスすると、月の性質が出てくるのです。

2.月は人の「性質の基礎」をつくる

月は、その人の「性質の基礎」を作ります。

それは、その人が「幼少時」に培った性質と言えます。

占星術の「年齢域」とは?

占星術では「年齢域」という考え方があります。

これは、

人生のある年齢の時に、特定の天体が影響を及ぼしている

…と言う考え方です。

例えば、

  • 思春期には「金星」
  • 壮年期には「火星」
  • 年をとると「土星」

…と言うように、その年齢によって特定の天体が影響を及ぼすわけです。

  • 思春期のようにワクワクときめく年齢では「金星」
  • 30代後半のバリバリ働く年齢では「火星」
  • また、50代や60代の分別が働く年齢では「土星」

…が、人に影響を及ぼしているのです。

月の対応年齢域は「0歳~7歳」

そして、月の年齢域は「0歳~7歳」となります。

この時期は、赤ちゃんですから、周りのマネをして色々なモノを吸収する年齢です。

月は、このような幼少時に影響を及ぼすのです。

月は、人の性質の「基礎部分」を作る

月は幼少時に色々なものを吸収し、その人の「性質」を作る助けをします。

この時期に形成されたものは、その人の基本となります。

一生を通して、このカラーが出てくることになります。

月は、人の性質の「基礎部分」を作っているのです。

まとめ

いかがでしょう?

まとめると、占星術の月があらわすものは、

  • リラックスした時の「ナチュラルな自分」
  • 幼少時に培われた「基本的な性質」

…こんなところになりそうですね。

魔女っ子

さらにくわしくは、

月星座占いとは?」をご覧ください。