西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

太陽は、あなたのもともとの「性格」を表しているわけではありません。

  • どういう方向に発展してゆくべきなのか?
  • どんな創造的なチャレンジをしてゆくべきなのか?

…あなたの【自己実現】を担っているのです。

そのため、「太陽×惑星」のアスペクトは、【自己実現】に関するテーマを表すことになります。

このコーナーでは、太陽と火星のアスペクトを解説して行きます。

「太陽」と「火星」のアスペクトは何を表す?

では、「太陽」と「火星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

自己実現にどう「行動力」が関わるか?

火星は、自分を打ち出す「行動力」をコントロールする星です。

太陽と火星のアスペクトは「自己実現にどう行動力が関わるか?」を表します。

「太陽」と「火星」の各アスペクトの意味

では、「太陽」と「火星」のアスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

太陽と火星のコンジャンクション(合)の人は、興奮しやすかったり、欲望が強かったりしませんか?

特に若いうちは、怒りっぽかったり、やり過ぎだったりの方が多いようです。

魔女っ子

エネルギー過多で体を動かすのが好き、

また、エネルギーが余っており、性欲が強いと言う方もいらっしゃるようです。

松村先生は

  • 人生の難関を突破する気力がある
  • しかし、曖昧でぼんやりしたものを嫌う傾向がある

…とおっしゃってます。

また、女性の場合、この配置は「勇気ある元気盛んな男性」を好むようです。

セクスタイル(60度)

太陽と火星がセクスタイル(60度)の人は、元気に仕事をする方が多いのでは?

火星が間接的に、太陽をやる気にさせます。

前向きに取り組み、生産性がある方のようです。

スクエア(90度)

太陽と火星がスクエア(90度)の人は、時々自制心が効かなくなり暴走してしまう…

そんな事はありませんか?

いつもそういうわけではありませんが、時々火星のスイッチが入ります。

すると、挑発的、言い過ぎ、やりすぎ、酒癖が悪い、奇行、暴力

…などが、いきなり出てくる方も多いようです。

魔女っ子

この配置の方は、

ふだんガマンせずに、マメに火星の衝動を解放してあげることが必要のようです。

トライン(120度)

太陽と火星がトライン(120度)の人は、目的と行動に葛藤(かっとう)がありません。

ですので、目標達成のために、常に活発に動ける方が多いでしょう。

スムーズに自分の「行動リズム」を貫くことができる配置です。

オポジション(180度)

太陽と火星がオポジション(180度)の人は、情熱的、パワフル、ノリやすい人が多いのでは?

ややもすると「やりすぎ」な方もいらっしゃいます。

火星によって、太陽が過剰に動かされます。

ですので、無理なことをしたり、実力以上のことに飛び込んでいったりする可能性があります。

まとめ

…いかがだったでしょうか?

太陽と火星のアスペクトは、なんだかとにかく「熱い」ですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。