西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運命の働きが違ってくるのです。

このコーナーでは、「月と土星のアスペクト」を解説して行きます。

「月」と「土星」のアスペクトの意味

「月」と「土星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

感情の制御

月は「感情」を表します。

いっぽう、土星は「社会性」や「常識性」などのお堅い星です。

…「制御する星」と言って良いでしょう。

そういうわけで、月と土星のアスペクトは「感情の制御」を表すと言えます。

「月」と「土星」の各アスペクトの意味

では、「月」と「土星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

月と土星がコンジャンクション(合)の人は、まじめな人が多いです。

  • 細部にこだわり慎重
  • 忍耐強い
  • 感情を表に出さない
  • 臆病

…なこともあります。

松村先生は、

妙に几帳面で、おとなしく、規律のある、臆病な人になる可能性がある。

…とおっしゃっています。

魔女っ子

また、

  • 自分自身を息苦しいと感じる
  • 「几帳面さ」を他人にも知らず知らず要求する

…などの傾向もありそうです。

セクスタイル(60度)

月と土星がセクスタイル(60度)の人は、感情や生活が適度に安定するでしょう。

松村先生は「外部にある秩序(土星)を当てにして、自分の生活リズム(月)を整えるアスペクト」とおっしゃっています。

スクエア(90度)

月と土星がスクエア(90度)の人は感情を抑圧しがち。

自分自身を規制する傾向がありそうです。

魔女っ子

子供の頃に何か「厳格な内容」を刷り込まれる可能性もあります。

松村先生は

のびのびとした感情の発育の時期に、[それはいけない]などと分別の意識が圧力をかけると、成長してからも、楽しい事や自由な行動に対して、心の中で[それをするとバチが当たる]と無意識に思いこむクセがついてしまう。

…とおっしゃっています。

トライン(120度)

月と土星がトライン(120度)の人は、私生活が規則的になり、自己管理がしっかりしているでしょう。

感情の揺れが少なく、節度があります。

魔女っ子

信頼できる人という印象を与えるので、重要な任務を任せられることも多いようです。

オポジション(180度)

月と土星がオポジション(180度)の人は、良い意味で自分に規律を課す人でしょう。

「月=私生活」を規律正しくおこなう人です。

魔女っ子

ルール意識が強く、「憂鬱な感情」に支配される傾向があるようです。

人によっては「修行的な人」になることもあるでしょう。

松村先生は

相手を軽く見ることができず、相手が気まぐれに何か言っても、それを深刻に受け止め、忠実に果たそうとする。

…とおっしゃってます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

月と土星のアスペクトは、良い意味でも悪い意味でも「マジメすぎ…」という感じですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。