人は、皆「ホロスコープの影響」を受けています。

誰一人例外はありません。

あなたも私も、占星術のホロスコープが描く「設計図通り」にできているのです。

ですので、その人のホロスコープを理解できれば、その人自身を理解することができます。

魔女っ子

たとえ、イヤなことを言う人がいたとしても、

「なぜそんなことを言うのか?」が理解できれば、イヤではなくなりますよね?

というわけで、今回は

占星術を学べば、人間関係を良くすることが可能!

…ということをお知らせします。

なぜホロスコープを読めると、人間関係を良くできる?

では、なぜホロスコープを読めると「人間関係を良くする」ことができるのでしょう?

たとえば、何かと細かい「ウルサ型」の上司Mさん(山羊座)がいるとします。

ここで、占星術を知っている人と知らない人では、以下のような対応の違いがでてきます。

占星術を知らないAさん

あくまじょちゃん(左)

何でMさんは、いちいちこんなに細かいの?

ウルさいったらありゃしない! 

Aさんは、うるさいMさんがイヤでイヤでしょうがなく、いつも険悪な雰囲気をかもし出してしまいます。

占星術を知ってるBさん

カワイコ

Mさんがウルさいのは「山羊座の特性」だからしょうがないわ~。

山羊座だから、マジメに全体のことを考えての発言なのね。

うふっ♡

Bさんは、Mさんがウルさい理由を理解しているので、とくに腹は立ちません。

ですので、両者の関係はいたって良好です。

占星術を知ると「他人を嫌う」ことがなくなってくる!

上記のように、

占星術を知らないAさんは、Mさんを「単にイヤな人」としかとらえられません。

しかし、占星術を知ってるBさんは、Mさんの「山羊座の特性」を理解しています。

ですので、大きな心で接することができます。

このように、ホロスコープを読める・読めないで、大きな違いが出てきます。

占星術を知ると、人間の本質を察することができます。

だから、誰かを感情的に嫌ったりすることがなくなるのです。

まとめ

今回は、「なぜ、占星術(ホロスコープ)を学ぶと人間関係も良くなるのか?」を解説しました。

占星術を学び、ホロスコープが読めるようになってくると、

その人に対する深い理解が芽生えます。

その結果、人間関係を良くすることが可能なんです♪