私たちが住んでいる、この太陽系には色々な惑星がありますよね?

「水星」「金星」「火星」「木星」…

占星術上、それぞれの惑星には、意味や役割があります。

また、その惑星がどの「星座(サイン)」に入っているかでも、その性質が違ってきます。

占星術における「各惑星」の意味と役割

たとえば、

  • 太陽は「人生目的」
  • 木星は「発展・増大」
  • 土星は「管理」

…こんな感じで、各惑星には「意味」や「役割」があります。

占星術を学ぶには、これらを知っておくことが大切です。

「星座別」各惑星の性質

また、惑星が入っている星座によって、その惑星の持つ「性質」が違ってきます。

たとえば、

  • 牡羊座の火星は「チャレンジする力」
  • 双子座の火星は「情報を扱う力
  • 天秤座の火星は「対人関係の力」

…などなど。

同じ惑星でも、星座(サイン)によって性質が違ってくるのです。

魔女っ子

このコーナーでは、

色々な惑星の「星座別の性質」を解説します。

1.太陽

太陽はその人の運命の中心を担っています。

2.月

3.水星

4.金星

5.火星

6.木星

7.土星

8.天王星

9.海王星

10.冥王星

魔女っ子

こんな感じで、勉強していってくださいね。

正確に言うと、「太陽」は恒星、「月」は衛星です。

その他の星…「水星」「金星」「地球」「火星」などが、惑星と呼ばれています。

これらを総称して\天体/と言います。