占星術とは何でしょうか?

すごくカンタンに言うと

  1. あなたが生まれた時
  2. あなたが生まれた場所から見て
  3. それぞれの惑星はどこにあったのか?

…このデーターをもとにして運命を占う。

これが「占星術」です。

本日は、占星術のやり方を解説してゆきますね。

ちなみに占星術の「基礎知識」は以下を参考にしてくださいね。

占星術とは?

では、まず、簡単に「占星術」について説明します。

「占星術」で使われる12の星座

占星術で使われる星座は、ぜんぶで12個あります。

 horo771  牡羊座  horo772  牡牛座
 horo773  双子座  horo774  蟹座
 horo775  獅子座  horo776  乙女座
 horo778  天秤座  horo779  蠍座
 horo780  射手座  horo781  山羊座
 horo782  水瓶座  horo783  魚座

本当は、私たちの銀河系には、

  • オリオン座
  • 白鳥座
  • こいぬ座
  • アンドロメダ座
  • カシオペア座

…など、88個も星座があります。

しかし、通常、占星術で使うのは「牡羊座~魚座」の12星座だけです。

正式には「12サイン」と言います。

初心者にこんなことを言うと、混乱するかもしれません。

ですが、ほんとうは、占星術で使う12星座は「実際の星座」とは関係がありません。

簡単に言うと「太陽の通り道」を12個に分割しただけなのです。

ですので、正式には12サインと言います。

占星術で使われる「10の惑星」

占星術で使われる惑星は、

  • 太陽
  • 金星
  • 火星

…など、以下の10個になります。

 horo41  太陽  horo42  月
 horo43  水星    金星
 horo44  火星  horo45  木星
 horo46  土星    天王星
 horo47  海王星  horo48  冥王星

 

上記の「惑星」を元にして

  • 運勢
  • 性格
  • 相性

・・・などを占うのが占星術です。

占星術のやり方

占星術で占うには、まず、ホロスコープを作る必要があります。

ホロスコープとは「その人が生まれた瞬間」の星の設計図です。

1.ホロスコープを作る

ホロスコープは「作成サイト」で簡単に作れます。

必要なものは、

  • 生年月日
  • 出生時間(わからなければ、昼の12時で作成)
  • 出生場所

・・・です。

これらのデーターがあれば、ホロスコープを作成できます。

魔女っ子

さっそく、自分のホロスコープを作ってみましょう。

お客様

本格的なホロスコープを作りたい方は、こちらをどうぞ!

2.自分の「太陽星座」を調べる

ホロスコープを作って、まず最初に確認するのは太陽星座です。

  • 牡羊座
  • 射手座
  • 魚座

・・・など、色々な星座の人がいますよね?

太陽星座は人生の目的総合的な力を表します。

自分の星座がわかったら「どんな特長があるのか?」を調べてみましょう。

お客様

太陽星座の特長はこちら。

3.自分の月星座を調べる

次に、自分の月星座を確認しましょう。

月は、おもに性格情感などを表します。

月の星座がわかったら「自分の性格」を調べてみてくださいね。

4.各惑星の星座(サイン)も調べる

占星術では「太陽」や「月」以外に

  • 水星・金星
  • 火星・木星・土星
  • 天王星・海王星・冥王星

・・・などの惑星を使います。

これらの惑星は、以下の能力を表します。

惑星 能力
水星 頭脳の使い方・考え方
金星 美的感性・愛情表現・好き嫌い
火星 行動力・自分を押し出す力
木星 拡大力・発展する力
土星 管理力・安定させる力・組み立てる力
天王星 独自性・規制や束縛から自由になる力
海王星 霊感・インスピレーション
冥王星 破壊と再生の力・未知のパワー

ホロスコープで、これらの惑星の「星座(サイン)」も確認してみましょう。

魔女っ子

サインがわかったら「どんな特長を持っているのか?」を調べてみましょう。

お客様

占星術初心者の人は、まずここまでやってみてくださいね。

それができたら、以下の「ハウス」や「アスペクト」も調べてみましょう。

5.ハウス

占星術にはハウス(室)というものがあります。

ハウスとは、簡単に言うと、ホロスコープ盤を「12個」に区切った部屋の事です。

人の運命を決めているのは、星座だけではありません。

惑星が「どのハウスに入っているか?」も重要です。

星座が「エネルギーの性質」を表すとすれば、ハウスは「そのエネルギーが発揮される分野や場所」を表すのです。

6.アスペクト

占星術では「星がどんな角度を取っているのか?」も重要です。

星どうしの角度のことをアスペクトと言います。

この位置関係が「スムーズか?」、あるいは「ギクシャクしてるか?」で運勢も違ってくるのです。

お客様

以上、占星術のやり方をシンプルに説明しました。

初心者は、このようにやってゆくと入りやすいです。

ぜひ参考にしてみてくださいね。




占星術のやり方を学ぶには、まず「12星座占い」から!

「占星術のやり方」を学ぶには、上記のような手順でホロスコープを調べてゆくと良いです。

ですが「むつかしいな~」と思う方は、まず、12星座占いからやってみてください。

「12星座占い」とは?

「12星座占い」とは、太陽星座のみを使ったシンプルな占いです。

12の星座と10個の惑星…その組み合わせは無限!

最初に挙げた「12星座(サイン)」と「10個の惑星」…

その組み合わせパターンを考えてみてください。

12の10乗=12×12×12×12×12×12×12×12×12×12も存在します。

恐らく、100億を超えるパターンがあるのではないでしょうか?

魔女っ子

人の個性を「星座と惑星の組み合わせ」と考えると、

とても膨大なバリエーションがあるのがわかりますね。

「12星座占い」だと、シンプルになる

…しかし、こんな膨大なパターンを一つ一つ解読するのは、とても大変です。

そこで、12パターンのみで鑑定する「シンプルな占い」が誕生しました。

これが、12星座占いです。

12星座占いは「太陽の星座」のみで占う!

sun_S

12星座占いは、10個ある惑星のうち太陽1個のみを使います。

つまり…

太陽は何座か?

これだけで運命を占うわけです。

「12通りの運命」しかないので、とてもシンプル

これですと、1×12=12通りの運命しかありません。

ですので、とてもシンプルになります。

  • 牡羊座はチャレンジャー
  • 牡牛座はしっかり者
  • 双子座はおしゃべり好き

…こんな風に、12のパターンに分類すれば良いだけです。

初心者は「12星座占い」に慣れると良い

ですので、初心者は、まず「12星座占い」に慣れることをオススメします。

魔女っ子

太陽だけで占うので、当たる確率は少し落ちます。

ですが、最初は「12星座占い」から入るとわかりやすいですよ。

注意

生まれた日が、ちょうど「星座の境目」にある人がいます。

(21日~24日周辺に生まれた人)

その場合、実際にホロスコープを作ってみないと、正確な太陽星座がわかりません。

思い当たる人は、なにはともあれホロスコープを作成してみましょう。

占星術のやり方を学べる本(入門書)

  • 占星術のやり方を勉強したい
  • 基礎を学びたい
  • ホロスコープについて知りたい

・・・そんな人は「初心者向けの本」を読むと良いです。

  • 基礎的な知識がしっかり身につく
  • 楽しく学べる
  • 自分で占えるようになる

…そんな「占星術の本」を、以下で紹介しています。

魔女っ子

興味があれば、読んでみてください。




まとめ

以上、占星術のやり方の「ほんのさわり」をお伝えしました。

もう一度復習しますと…

  1. 占星術は「10の惑星」と「12の星座」の組み合わせで占う
  2. まずは「太陽星座」と「月星座」を調べる
  3. 次に「各惑星の星座」を調べる
  4. 可能であれば「ハウス」や「アスペクト」も調べる
  5. 初心者は「12星座占い」から学ぶと、わかりやすい

  …です。

お客様

さらに「占星術」のやり方の基本を知りたい方は、

以下を参考にしてくださいね。