西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「月と天王星のアスペクト」を解説して行きます。

「月」と「天王星」のアスペクトの意味

「月」と「天王星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

変人度

天王星は「独自なやり方」の星です。

月は「感情」を表しますので、月と天王星のアスペクトは「感情表現」が独特なものになってきます。

つまり、月と天王星のアスペクトは「変人度」を表すと言えます。

「変わっている人」や「すぐキレる人」などは、このアスペクトがハードなことが多いかもしれません。

「月」と「天王星」の各アスペクトの意味

では、「月」と「天王星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

月と天王星がコンジャンクション(合)の人は、マイペースな人が多いのでは?

独自のリズムを持っており、変人度が高そうです。

また、誰とも「感情的な親密さ」を持たない傾向があるようです。

魔女っ子

私生活が「謎」…と言う人もいることでしょう。

セクスタイル(60度)

月と天王星がセクスタイル(60度)の人は、周囲の人と適度な距離を取り、自分のリズムで生きることができます。

松村先生は

月の私的過ぎる閉鎖性が、天王星によって開かれてゆき、親しみやすいキャラクターを作る。

…とおっしゃってます。

スクエア(90度)

月と天王星がスクエア(90度)の人は、感情が不安定なところがありませんか?

周囲の人と「断絶」するようなところがあるかもしれません。

魔女っ子

たとえば、すごく親しかったのに、急によそよそしくなるとか、急に距離を置いて連絡を取らなくなるとか…

しかし、そのようなことも、依存から自立するためには必要です。

また、このアスペクトの方は、人と違うことをしている満足感が必要なので、「独自の趣味」などを持つと良いようです。

月と天王星のトライン(120度)

月と天王星のトライン(120度)は開放的な人でしょう。

誰とでもなじめ、近づきやすさが出てきます。

魔女っ子

しかし、近づきすぎることは嫌います。

月と天王星のオポジション(180度)

月と天王星のオポジション(180度)は、我が道を行く人が多そうです。

誰にも迎合しないで、「自由性」を強く主張することが多いのではないでしょうか。

魔女っ子

人によっては、非常識な生き方をするケースも多いようです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

月と天王星のアスペクトは、やっぱり全体的に、変人度が高そうですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。