西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「水星と火星のアスペクト」を解説して行きます。

「水星」と「火星」のアスペクトの意味

水星は、

  • 知性
  • 言語力
  • 工夫する力
  • コミュニケーション能力
  • 実務能力

…などを表しています。

では、火星とアスペクトすると、どんな意味になるのでしょうか?




攻撃的な知力

火星は、自分自身の力を積極的に打ち出してゆく星です。

集中力や攻撃力があります。

水星は「知性」や「表現」の星ですので、そこに熱いものが加わります。

ですので、水星と火星のアスペクトは、「攻撃的な知力」といって良いでしょう。

魔女っ子

「物事を批判する力」や「専門分野への集中力」などもでてきます。

「水星」と「火星」の各アスペクトの意味

では、「水星」と「火星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

水星と火星がコンジャンクション(合)の人は、切れ味の良い、鋭い知性を持ってませんか?

他者に対し、強くアピールすることができるでしょう。

魔女っ子

言動が「いなせ」かもしれません。

(=勇み肌で、さっぱりしている)

松村先生は

言葉の積極性や強気さ、時には、攻撃的、敏捷、早合点というような性質が加わる。

…とおっしゃってます。

セクスタイル(60度)

水星と火星がセクスタイル(60度)の人は、「実務能力」に秀でているでしょう。

臨機応変、かつ、しっかりした手順を踏んで仕事をする有能な人が多そうです。

スクエア(90度)

水星と火星がスクエア(90度)の人は、「不穏な発言」が多くなるかもしれません。

考える前に言葉がでてきて、その場の雰囲気をぶち壊す可能性があります。

魔女っ子

また、「せっかち」「早合点」…などの傾向があるかもしれません。

トライン(120度)

水星と火星がトライン(120度)の人は、事業をスムーズに推進する力があります。

生産性を向上させ、グレードアップさせることができるでしょう。

魔女っ子

もちろん、活動もスムーズですし、勢いもあります。

「スピード感のある事務処理能力」、「勢いのある表現力・弁舌力」なども備えています。

オポジション(180度)

水星と火星がオポジション(180度)の人は、「対外的に主張する力」が強くでてきます。

ですので、人とトラブルを起こしやすくなったり、やり過ぎの人になるかもしれません。

松村先生は「言い過ぎや断定するとか、批判が過ぎるなどになりやすい」…そんな旨をおっしゃってます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水星と火星のアスペクトは、良かれ悪しかれ、実務や表現に「パワー」が出てきそうですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。