西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

太陽は、あなたのもともとの「性格」を表しているわけではありません。

  • どういう方向に発展してゆくべきなのか?
  • どんな創造的なチャレンジをしてゆくべきなのか?

…あなたの【自己実現】を担っているのです。

そのため、「太陽×惑星」のアスペクトは、【自己実現】に関するテーマを表すことになります。

このコーナーでは、太陽と木星のアスペクトを解説して行きます。

「太陽」と「木星」のアスペクトは何を表す?

では、「太陽」と「木星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?

自己実現にどう「寛容さ」が関わるか?

木星は「寛容さ」を持って人生を拡大・発展させてゆく星です。

太陽と木星のアスペクトは「自己実現にどう寛容さが関わるか?」を表します。

「太陽」と「木星」の各アスペクトの意味

では、「太陽」と「木星」のアスペクトの意味を解説します。

太陽と木星のコンジャンクション(合)

太陽と木星がコンジャンクション(合)の人は、お気楽でアバウト、楽天的な人です。

自己実現において、深刻にならずにいられます。

また、「援助」や「希望」がやってきやすい運命でしょう。

魔女っ子

ただし、断れない性格なので、色々請け負い過ぎて大変になる可能性があります。

少しは、締めてゆくことも必要です。

太陽と木星のセクスタイル(60度)

太陽と木星がセクスタイル(60度)の人には、自己実現を推進するための助けがあります。

あまり苦労せずに、発展させてゆくことができる運命です。

松村先生は

  • さまざまな人や組織、場などとの関わりで広げてゆく
  • 人生に対する積極的なチャレンジは、何のてらいもなく、素直に表現されてゆく
  • 柔軟性が高く、状況を見て、うまくチャンスを見つけ出してゆく

とおっしゃってます。

太陽と木星のスクエア(90度)

太陽と木星がスクエア(90度)の人は、行き過ぎ傾向がありませんか?

「そんなことをしなくても良い」ことまでしてしまい、結局、おせっかいになったり、無駄な時間を費やしてしまうことになります。

ですが、そのような体験をすることにより人格の幅が広がります。

ですので、本当は悪いことではないのです。

しかしながら、自分の目的からすると、「逸脱」「道草コース」をとる事になりがちです。

太陽と木星のトライン(120度)

太陽と木星がトライン(120度)の人は、運命の推進に関して、のんびりしている方が多いでしょう。

ガツガツしないのが良いですね。それでいて、ちゃんと発展してゆきます。

個性を主張するよりも、集団性や常識的センスが発達しています。

ですので、大企業や公務員などでも力を発揮できるでしょう。

魔女っ子

アパホテル社長の元谷芙美子さんは、このアスペクトです。

この方は、すごく安心感がありますよね?

何をやっても世間に受け入れられてしまう運命…まさに太陽と木星のトラインの人ですね。

太陽と木星のオポジション(180度)

太陽と木星がオポジション(180度)の人は、行き過ぎ、広げ過ぎ、節度のなさがあるかもしれません。

事業などでも、無理に手を広げまくったり、何でもかんでも引き受けたりする可能性があります。

自分の自己実現において、ほどほどさがない配置のようです。

まとめ

…いかがだったでしょうか?

太陽と木星のアスペクトは楽そうですが、ハードアスペクトに関しては「行き過ぎ」に注意ですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。