西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

このコーナーでは、「月と冥王星のアスペクト」を解説して行きます。

「月」と「冥王星」のアスペクトの意味

「月」と「冥王星」のアスペクトは何を表しているのでしょうか?




極端な感情パワー

冥王星は「根底意志」を表す星です。

これは無意識の奥底から発せられる「絶対的な意志」のようなものです。

ですので、極端なパワーを生み出します。

そのため「冥王星」と「月」がアスペクトを作ると、感情が極端なパワーに突き動かされることになるようです。

「月」と「冥王星」の各アスペクトの意味

では、「月」と「冥王星」の各アスペクトの意味を解説します。

コンジャンクション(合)

月と冥王星のコンジャンクション(合)の人は、何を考えているかわからないところがあります。

「普通の人が思いもしないようなこと」を考えている可能性があります。

魔女っ子

傍から見ると不気味なことも…

松村先生は「アスペクト解釈大事典」の中で

  • 記憶の断絶
  • 日常的には、反応が鈍い、ボーッとしている
  • ほどほどさがなく、怖いくらいに執着することがある
  • 危機状態を経験したり、感情の爆発を起こすとリフレッシュされる。
  • なので、強烈な感情体験をすると良い

…とおっしゃっています。

セクスタイル(60度)

月と冥王星がセクスタイル(60度)の人は、パニックになっても気持ちの回復が早い。

パワフルな冥王星によって、「耐久力」と「回復力」がでてくるようです。

スクエア(90度)

月と冥王星がスクエア(90度)の人は、時々感情が極端に暴走するかもしれません。

魔女っ子

急にパニックになることも!?

松村先生によると、月と冥王星のスクエアの問題点として

  • 私生活においての異変や喪失
  • 感情の偏り(急に残忍になるとか)
  • 情緒の連続性が途切れる
  • ぬくぬくとした平和な生活は居心地悪い

良い点として

  • 個人的な”こじんまり”とした性質ではなくなる
  • 過酷な状況に対しても、心のスイッチを切り、受け止める能力がでてくる

…とおっしゃってます。

悪魔っ子

きっと、ふつうの「こじんまりした生活」には耐えられないんだよ(-“-)

トライン(120度)

月と冥王星がトライン(120度)の人は、心理的な「耐久度」があります。

感情の自己修復ができるのです。

月と冥王星のトラインは、冥王星によって「気の力」がチャージされます。

ですので、傷ついても、それを自分で治せる力を持っているというわけです。

魔女っ子

根拠はないけど、妙に感情が安定している人も多いかも。

オポジション(180度)

月と冥王星がオポジション(180度)の人は、普通の人がビビるようなことでもまったく平気。

むしろ危険なことを自ら引き寄せるような感覚があるようです。

お客様

ちなみに、非常識な人を引き寄せる傾向もありそうです。

松村先生は

日常的な普通の感情ではなく、いつも極端な感情体験を求める傾向がある。

…とおっしゃっています。

魔女っ子

タレントの坂上忍さんが、このアスペクトをお持ちです。

坂上さんが「ギャンブル狂」なのも、この配置のせいかもしれませんね。

…なんでも、年末に「その年稼いだお金」をギャンブルで全額スらないと、勤労意欲が湧かないそうですよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

月と冥王星のアスペクトは、基本的に「普通の生活に安住しない」感じがありますね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

「他の星のアスペクトの意味」を調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。