西洋占星術には「アスペクト」という考え方があります。

アスペクトとは、星と星が作る「角度」です。

この角度によって、私たちの運勢が違ってくるのです。

太陽のアスペクトは「自己実現」に関するテーマを表す!?

太陽は、あなたのもともとの「性格」を表しているわけではありません。

  • どういう方向に発展してゆくべきなのか?
  • どんな創造的なチャレンジをしてゆくべきなのか?

…あなたの【自己実現】を担っているのです。

そのため、「太陽×惑星」のアスペクトは、【自己実現】に関するテーマを表すことになります。

このコーナーでは、太陽と月のアスペクトを解説して行きます。

「太陽」と「月」のアスペクトは何を表す?

では、「太陽」と「月」のアスペクトは、何を表しているのでしょうか?

自己実現のスムースさ

自己実現は、太陽(目的)と月(性格)のバランスにかかっています。

いくら素晴らしい目的があっても、その人の性格とのバランスが良くないと、この社会ではなかなかスムースに成功できないものです。

そのため、太陽と月のアスペクトは「自己実現のスムースさ」を表します。

「太陽」と「月」、各アスペクトの意味

では、太陽と月の各アスペクトの意味を解説します。

太陽と月のコンジャンクション(合)

太陽と月のがコンジャンクション(合)の人は…

自分では気づかないけど自分勝手だったり、思い込みが激しいなどがありませんか?

また、知らず知らず「公私混同」をしてしまっているかもしれません。

しかし、この方は、自己実現を強力に推進して行くパワーがあります。

「意識下」でも「無意識下」でも、自己実現を進めてゆける人でしょう。

魔女っ子

ちなみに、この組み合わせは、太陽と月がある星座(サイン)の性質が強調されます。

太陽と月のセクスタイル(60度)

太陽と月がセクスタイル(60度)の人は、目的に向かってスムーズに進んでゆけます。

自己実現をする材料を「月」が提供してくれるからです。

「私生活(月)」と「公的生活(太陽)」が協力関係にあります。

太陽と月のスクエア(90度)

太陽と月がスクエア(90度)の人は、公的な意志と、私的な願望が違うことが多いでしょう。

ですので、なかなかスムーズに自己実現ができず、葛藤が多いように思います。

しかし、その葛藤を克服すれば大きく成長できますし、大きな飛躍をすることもできます。

魔女っ子

両方とも、自分の特性だと割り切って、つきあってゆくのが良いようです。

太陽と月のトライン(120度)

太陽と月がトライン(120度)の人は、従順、親切、素直…人柄が良いようですね。

おおむね、自己実現がスムーズに行くことが多いでしょう。

私生活と自己実現(仕事など)が、段差なく一致しています。

しかし、逆に言うと、スムースなのが災いして、安きに流れることが多いと言えます。

プレッシャーを踏み台にして、大きくジャンプするということがあまりないのです。

魔女っ子

そういうわけで、大成するには、90度などの課題やプレッシャーがある方が良いと言われています。

太陽と月のオポジション(180度)

太陽と月がオポジション(180度)の人は、ちょっとムツカシイですね…。

松村先生は

  • 自分の目的をはっきり実現する力がある
  • しかし、実現すれば、目標も失われ虚脱状態に入る
  • 今度は、その虚脱状態を埋めるために、それまでの目標と反対の目標を持つ
  • しかし、その反対の目標は、反対でありつつも同一線上に並んでいる(つまり一緒のこと?)

…とおっしゃってます。

魔女っ子

なかなかむつかしいですが、

太陽と月がオポジション(180度)の人が、「自己実現の力」があるのは間違いないでしょう。

まとめ

…いかがだったでしょうか?

太陽と月のアスペクトは、「120度であればそれで良い」というわけではなさそうですね。

皆さんも、ご自分のアスペクトをチェックしてみてくださいね。

ちなみに、当記事は「完全マスター西洋占星術」と「アスペクト解釈大事典」を参考にさせて頂いてます。

魔女っ子

他の星のアスペクトを調べたい方は、ホロスコープのアスペクト一覧をご覧ください。