このコーナーでは、西洋占星術の「基本中のキホン」を解説します。

占星術はハッキリ言って難しい学問です。

しかし、当サイトでは、初心者でもわかりやすいように説明してゆきますネ(^◇^)

「占星術の初心者」は、まずコレを学ぼう!

占星術初心者の方は、まず以下の基本を学ぶことが必要です。

詳細は、各リンクからご覧ください!

1.ホロスコープの作り方

stockfoto_28185西洋占星術は、その人が生まれた時の「惑星の配置」によって運命を占うものです。

惑星の配置を見るには「ホロスコープ」を作る必要があります。

…と言うわけで、まずは「ホロスコープ」を作成できるようになりましょう!

2.惑星のマークと星座(サイン)のマーク

seiza11ホロスコープには、数々の見慣れないマークが出て来ます。

このマークの意味がわからないと、ホロスコープを読むことができません。

まず最初に「惑星のマーク」と「星座(サイン)のマーク」を覚えてしまいましょう!

3.惑星の役割

An image of a 3D planets with symbols.占星術には、「太陽」「金星」「火星」「木星」「土星」

…など、色々な惑星が登場します。

この惑星たちが、私たちの運命に影響を及ぼしています。

各惑星が、どんな「役割」を果たしているのか?どんな影響を及ぼしているのか?

それを学びましょう!

4.星座(サイン)の意味

shukumei1 占星術では、星座(サイン)がとても重要です。

惑星は特定の役割を持っています。

しかし、その惑星がどの星座(サイン)に属しているかで、その役割の性質が違って来るのです。

牡羊座~魚座までの各星座がもたらす意味をしっかり学びましょう!

5.ハウス(室)の意味

house星座(サイン)が惑星の役割の「性質」を表すとすれば、

ハウス(室)は惑星が活躍する「場所」を表します。

ホロスコープには、仕事と言う「場」、恋愛と言う「場」、家庭と言う「場」など…12の場があるのです。

それぞれの場を表すのが12個に区分けされた「ハウス(室)」です。

まずは、各ハウス(室)の意味を把握してしまいましょう!

6.「ASC」「DES」「MC」「IC」の意味

ascホロスコープ上には、重要なポイントがあります。

それらが「ASC」「DES」「MC」「IC」です。

これらは惑星ではなく、ホロスコープ上の「ポイント」となります。

ホロスコープを読み解くには、これらの意味を把握しておく必要があります。

7.アスペクトの意味

asupekutoアスペクトとは、惑星同士が作る「角度」のことです。

惑星はお互いの位置関係によって色々な働きをします。

スピードを出したり、ブロックしたり、協力したり、スタンドプレーをしたり…色々です。

アスペクトは、惑星の働きに大きな影響を与えているのです。

占星術を理解するには、アスペクトの意味をしっかりと学ぶことが大切です!

8.12星座の区分

占星術には「区分」と言う考え方があります。

12星座(サイン)は、2区分、3区分、4区分という形に分類されています。

なぜこのように区分するのでしょうか?

簡単に言うと、こうすることにより、12星座の性質が整理され、とてもわかりやすくなるのです。

12星座の基本性質を理解するには、この「区分」を知っておくことが大切です。

これを知ることにより、12星座の性質を根本的に理解することができるようになります。

9.天体と年齢の関係

人は、年齢によって、影響を受ける「天体」が違います。

例えば、思春期は「金星」に影響を受け、壮年期には「火星」の影響を受けます。

占星術を学ぶには、年齢に対応する天体を知り、その天体からどういう影響を受けるのか?を知っておくことが大切です。

10.星座別―惑星の性質

惑星は、どの星座(サイン)に入っているか?によって性質が違ってきます。

例えば、火星で言うと…

魚座の火星はひょんなことで爆発しやすいとか、水瓶座の火星は反社会的な行動を取りやすいとか…です。

星座別で「惑星の性質」を知っておくと、占星術の理解がグッと深まりますよ。

まとめ

いかがでしょう?

まずは上記を学べば、西洋占星術の「基本のキ」は習得できると思います。

占星術初心者の皆さんのために、なるべく優しく解説しました!

詳細はリンクからご覧下さいネ(^◇^)